小泉今日子が吸っているタバコの銘柄は?いつから吸っているの?

女優さんの中には、意外な人が愛煙家なことがあって、そのイメージとのギャップに驚くこともあります。小泉今日子さんは、昔からずっと愛煙家であることを公表している女優の一人です。

今回は、小泉今日子さんの吸っているタバコの銘柄や、いつからタバコを吸っているのかなど、喫煙に関する情報をまとめました。

Sponsored Link

「中南海」を愛飲

小泉今日子さんが愛飲しているタバコの銘柄は、「中南海」です。普段タバコを吸わない方はもちろん、愛煙家でタバコに詳しい方でも、聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。

中南海は中国産のタバコで、日本語での読み方は普通に「ちゅうなんかい」と読みます。羅布麻草エキスや、甘草などの薬草が含まれたタバコで、日本のタバコにはない独特の香りがあります。

中南海のような、薬草が含まれたタバコは、「漢方タバコ」と呼ばれ、血行を良くしたり、たんを抑えるなどの効果があります。

中南海の値段は一箱20本入りで400円ほどで、日本の一般的なタバコと変わりません。めずらしい外国のタバコというと高価なイメージがありますが、中南海は求めやすい価格の一般的なタバコです。

小泉今日子

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/13/kiji/K20120113002421900.html

ドラマでも喫煙シーンを披露

2012年に放送されたドラマ「最後から二番目の恋」では、小泉今日子さんがこの中南海を吸っているシーンがあります。

ドラマや映画での、タバコを吸うシーンというのは、普段タバコを吸わない人が演じると、どうしても不自然な感じになってしまいがちです。この人は普段タバコを吸わないんだな、ということがバレバレになることも多いのですが、小泉今日子さんの喫煙シーンはとてもかっこよくて色っぽく、自然な演技が好評でした。

Sponsored Link

他に吸っている銘柄は?

中南海以外に小泉今日子さんが吸っているといわれている銘柄は、マルボロとセブンスターです。中南海を吸っていることは、ファンの間では有名な話ですが、マルボロやセブンスターに関しては、吸っているらしいという、噂の域を出ていないようです。

いつ頃から吸っているの?

小泉今日子さんがタバコを吸い始めた時期は定かではありませんが、おそらくかなり若い頃から吸っていたのではないかと思われます。

女性は普通30代を過ぎると、アンチエイジングのためにお酒やタバコを控えたり、健康に気をつかうことが多くなると思います。しかし小泉今日子さんは、35歳ころに「脱アンチエイジング」を宣言し、喫煙も飲酒も続け、自由に生きているようです。

一部では、タバコの吸い過ぎで、小泉今日子さんの肌が荒れているとか、シワやたるみが出ているといわれていますが、小泉今日子さんは年齢がすでに50歳ですので、タバコの吸い過ぎというよりも、単なる加齢が原因と考えたほうがよいでしょう。

関連記事

小泉今日子に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ