トピックス

迎賓館赤坂離宮・赤坂迎賓館が一般公開!ランチは?見学の申し込み方法は?

更新日:

迎賓館

日本政府はこれまで毎年夏季の10日間に限り、一般公開してきた東京港区にある迎賓館赤坂璃宮(げいひんかんあかさかりきゅう)、通称・赤坂迎賓館(あかさかげいひんかん)が通年で公開されます。

赤坂迎賓館は1909年に東宮御所として日本人建築家、片山東熊により建てられた由緒ある西洋建築です。これまで多くの海外からの国賓をもてなしてきました。

海外からの観光客ばかりでなく、この歴史的建物を見学したい日本人の方々も多いのではないでしょうか。

見学方法など詳細がわかりましたので、こちらにまとめました。

迎賓館赤坂離宮へのアクセスや地図はこちらの記事をご参照下さい。

赤坂迎賓館の周辺でランチ

赤坂迎賓館は本来国賓をもてなすための場所です。通常の観光施設のような館内に飲食を提供するような場所はありません。

そこで赤坂迎賓館周辺のちょっとリッチなレストランをピックアップしてみました。迎賓館の気分そのままにランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤坂迎賓館周辺のレストランはこちら

迎賓館GWガーデンカフェの開催

期間限定で迎賓館前庭にて「迎賓館GWガーデンカフェ」が開催されます。
期間は、2018年4月28日~5月6日(5月2日を除く)です。

キッチンカーが出店し、アルコール類やお食事が販売されます。前庭にテーブルと椅子が設置され、こちらで美しい迎賓館を眺めながらのお食事が楽しめます。

昨年2017年も同様の催しが開催され、多くの方が来場し、大変好評だったようです。

詳しくはこちらをご覧ください。

迎賓館赤坂離宮の公開日時は?

赤坂迎賓館

外国からの賓客の接遇に支障のない日は、基本的に一般公開を行っています。

日程につきましては内閣府のホームページのカレンダーでご確認ください。

3ヵ月分の一般公開の予定が見られます。

迎賓館赤坂離宮を見学するには?申し込み方法は?

赤坂迎賓館の見学は、迎賓館赤坂離宮前庭、迎賓館赤坂離宮本館と主庭、和風別館(游心亭)の3箇所でそれぞれ条件や申込方法が異なりますので注意が必要です。

迎賓館赤坂離宮前庭

事前申し込み不要で、誰でも公開時間内であれば入場することができます。(混雑状況により入場制限をする場合があります)

公開時間

10時~17時(入場受付は16時30分まで)

参観料

大人:300円、中高生:100円、小学生以下:無料(平成30年4月28日(土)~5月6日(日) 大人:300円、高校生以下はGW中のため無料)

迎賓館赤坂離宮本館と主庭

当日、事前予約なしでも参観できます。混雑時は整理券が配布されることもあるようです。

インターネットからも予約できるので、大型連休など混雑が予想されるときは、事前に予約する方が良いでしょう。

インターネットからの申し込み

こちらの内閣府のサイトをよりお申し込み下さい。

公開時間

10時~17時(入場受付は16時まで)

参観料

大人1000円 / 中高生500円
(団体:大人800円 / 中高生400円)

和風別館(游心亭)

1日6回、定員20名にてガイドツアー形式の見学となっています。所要時間は40分程度です。

こちらは必ずインターネットからの事前申し込みが必要です。

インターネットからの申し込み

こちらの内閣府のサイトをよりお申し込み下さい。

参観料

大人1500円 / 中高生700円

はとバスのツアーでも行ける

東京観光の定番といえば「はとバス」です。

はとバスにも迎賓館赤坂離宮を含むコースがいくつかあります。バスに乗っているだけで目的地に連れて行ってくれるので、個人で迎賓館を訪れるよりこちらの方が手軽かもしれません。ランチが含まれたコースもあります。

はとバスで行く迎賓館赤坂離宮ツアー

迎賓館赤坂離宮へのアクセスや地図?

迎賓館赤坂離宮へのアクセスや地図はこちらの記事をご参照下さい。

迎賓館
赤坂迎賓館・迎賓館赤坂離宮が一般公開!アクセス方法・行き方をわかりやすくご紹介!

2016年4月より東京港区にある迎賓館赤坂璃宮を通年で一般公開することが発表されました。 本館への参加者数を3000人規模で想定しているそうですが、やはりかなりの混雑が予想されます。 日本政府は安倍政 ...

-トピックス

Copyright© UNDER THE VEIL , 2018 All Rights Reserved.