若村麻由美がドラマ科捜研の女で演じる風丘先生は美人で苦労人!

若村麻由美さん演じる『科捜研の女』の美人法医学者・風丘先生は、生真面目なマリコに対して明るくポジティブ志向の姉御肌。「毎度!」の声とともにスイーツを差し入れるシーンも名物です。しかし、そんな風丘先生は、のんきなキャラクターからは想像もつかない哀しい過去を持っていました。一体どんな過去なのでしょう?

Sponsored Link

美人法医学者・風丘早月とは?

日本の現行の連続ドラマでは最長シリーズとなった『科捜研の女』。

沢口靖子さん演じる榊マリコを中心とする京都府警科学捜査研究所のメンバーが、最新の科学捜査テクニックを駆使して事件を解決する人気ドラマで、この秋から第16シリーズが放送されています。

若村麻由美さんは、主に検死解剖にあたる法医学者・風丘早月として第8シリーズから参加しています。

最近は、番組冒頭で遺体が発見され、風丘先生の勤める大学に搬送され、榊マリコが立ち会って風丘先生が「開いてみましょうね」と解剖し、後日その鑑定結果とお菓子の差し入れを持って風丘先生が「まいど!」と科捜研を訪れる…というのが基本パターンとなっています。

1999年の放送開始時からほとんど時の流れを感じさせない永遠のヒロイン榊マリコを演じる沢口靖子さんは“奇跡のアラフィフ”と呼ばれる美貌で人気シリーズの看板を背負い続けています。

風丘先生はその榊マリコと“ほぼ同世代で対等に話せる仲”かつ“榊マリコにひけをとらない美人”というキャラクターなので、若村麻由美さんも途中参加したときから“永遠のヒロインの友人”にふさわしく時を感じさせない美しさを見せ続けてくれているのです。

若村麻由美

http://tristone.co.jp/actors/wakamura/

ヒロイン榊マリコと風丘早月はバツイチ仲間?

沢口靖子さん演じるヒロイン榊マリコは犯罪学の博士号を持ち、FBI仕込みの確かな技術を持つ法医学研究員、若村麻由美さん演じる風丘早月は洛北医科大学の法医学教室教授。

共にプロフェッショナルな仕事のデキる美人で、まだまだ男性社会の傾向がある犯罪捜査の現場でも毅然と誇りを持って突っ走るところは共通しています。

そして、榊マリコと風丘早月には、昔結婚していたが今は独身、という共通点もあります。

榊マリコは仕事以外目に入らなくなる性格が災いしてか、三十路前に離婚した、という設定でした。第一シリーズではなんと4年前に離婚した元夫(演・渡辺いっけいさん)がマリコのいる京都府警に刑事部長として転任してきて、何かと元夫と元妻が対立するというドタバタもありました。

榊マリコの元夫はその後地方の所轄の署長として左遷させられましたが、『科捜研の女』の中では登場人物は大変ゆっくり年を重ねるので、現在定年を迎えたのかまだ現役なのかは定かではありません。

風丘早月は2人の子供のシングルマザーで、『科捜研の女』に初登場時は「夫は私から捨ててやったの!」的な発言をしていたことから、マリコ同様トホホな離婚を経て、今ではマリコと元夫の愚痴なども言い合える美人バツイチ仲間かと思われましたが、すぐに視聴者は衝撃の事実を知ることとなります。

風丘早月の元夫は、人知れず殺されており、早月は「自分との夫婦げんかのあと失踪した」と思い込んでいたのです。

Sponsored Link

風丘早月が乗り越えてきた苦難の道とは?

第8シリーズ第5話「7年前の白骨死体!結婚指輪が語る過去!!」で明かされた風丘早月の過去(本人も真相を知らなかった)は相当ヘビーなものでした。

なんと、マリコが死後5年から10年と鑑定した身元不明の白骨死体が、7年前に失踪した早月の夫、風丘洋二と判明。

風丘洋二の行方がわからなくなる直前、早月は外科医の夫が普段結婚指輪をしないことに腹を立て、ケンカの末に夫はタバコを買いに外出、その後帰ることはありませんでした。

しかし、風丘洋二は、タバコを買いに出たその時に、たまたま、ある殺人事件の犯人が遺体をバラバラにして運び出すところに出くわし、殺されていたのでした。

なんという不運!なんという悲しい別離!!マリコの離婚と一緒にしては、ちょっと申し訳ない気がします。

マリコたちの活躍によって、早月と子どもたちは、夫婦げんかの元になった結婚指輪を洋二がはめ直して出かけたことも知り、その結婚指輪の発見が別の殺人事件の犯人究明にもつながりましたが、とても「一件落着!」とはもろ手を挙げては喜べない哀しい真相だったのでした。

榊マリコと風丘先生の再婚の可能性は?

しかしながら、真相判明後も風丘早月は明るくのんきなキャラクターのまま、時にそそっかしく、仕事ではあくまでクールに凛々しく、頼りになる法医学の先生としてマリコたちをサポートしてくれています。

風丘早月の娘、亜矢は昨年第15シリーズ第8話で高校生となり、親友の事件を解決してくれたマリコの姿を見て科学に興味を持つという長年のファンには嬉しい成長を見せてくれました。

シングルマザー風丘早月のここまでの頑張りを思うと、これからの幸せを祈らずにはいられませんが、彼女に関しては恋愛絡みのエピソードはこれまで出てきていないようです。

若村麻由美さん演じる風丘早月の再婚話、というのは近々にはないようなムードです。

一方、永遠のヒロイン榊マリコについては、最新第16シリーズではやたらに一目ぼれされますし、最も信頼する土門薫刑事(妻とは死別)に信頼以上の感情を抱いているかのような演出もあり、もしかしてもしかすると?と思わせるフシもあります。

榊マリコを演じる沢口靖子さんも、風丘早月を演じる若村麻由美さんも、あの美貌ですから、ウェディングドレス姿もさぞ美しいと思われます。夢オチでもいいので再婚シーンが見てみたい気もしますね。

関連記事

若村麻由美に関連する記事はこちら
ドラマ「科捜研の女」に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ