小泉今日子と元旦那永瀬正敏の離婚の理由とは?

女優の小泉今日子さんといえば、かつて俳優の永瀬正敏さんと結婚していたことで有名です。仲の良い夫婦に見えた二人ですが、なぜ離婚してしまったのでしょうか。離婚の理由について検証したいと思います。

Sponsored Link

9年間の結婚生活

小泉今日子さんと永瀬正敏さんは、1995年に結婚しました。小泉今日子さんが永瀬正敏さんのファンで、アプローチしたともいわれています。しかし2004年、9回目の結婚記念日に、離婚してしまいました。
小泉今日子

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/01/13/kiji/K20120113002421900.html

結婚当初からすでにすれ違いが?

元々小泉今日子さんは、永瀬正敏さんと結婚するのを機に、女優業は引退するつもりだったそうです。永瀬正敏さんのほうが、結婚後も女優業を続けるべきだといって、小泉今日子さんに仕事を続けさせたそうです。

普通は男性のほうが、女性は結婚したら家庭に入るべきだ、という固い考えがあって、女性のほうが仕事をしたいのに続けられずに苦労する、というパターンが多いと思います。

しかし、この夫婦に関しては逆だったようです。小泉今日子さんのほうが、女性は結婚したら家庭に入るべきという考えがあり、それが永瀬正敏さんに認められませんでした。こうして小泉今日子さんは、仕事と妻という二重の生活に、苦しんでしまうことになりました。

Sponsored Link

役者としての考え方の違い

小泉今日子さん、永瀬正敏さん夫妻は、家庭に対する考え方以外に、役者という職業に対する考え方にも、違いがあったようです。

小泉今日子さんは、あくまでお客さんや、視聴者に楽しんでもらうという考え方で、自分がこうしたいということより、視聴者が求めているものは何かを重視していたそうです。

それに対して永瀬正敏さんは、ストイックに役を作りこみ、理想を目指すタイプの俳優だったそうです。役作りに魂を捧げるそのスタイルに、小泉今日子さんは、あこがれ、嫉妬、その不器用さに対する「バカじゃないの?」という気持ちなど、いろいろな感情があったそうです。

永瀬正敏

http://www.sankeibiz.jp/express/photos/150109/exf15010912300006-p2.htm

仕事上のライバルとなってしまった夫婦関係

このように、いろいろなすれ違いや、考え方の違いを通して、二人は夫婦ではなく、仕事上のライバルという色合いが強い関係性に変わっていってしまいました。

それと共に、夫婦として二人で一緒にいる幸せというのは、終わりを告げてしまったのです。

離婚後も映画で共演

二人は離婚後すぐの2006年に、映画「さくらん」で共演し、2011年には映画「毎日かあさん」で、夫婦役として共演を果たしています。

離婚後に共演した映画では、二人は息ぴったりのあうんの呼吸で、役作りに取り組んでいたそうです。夫婦としての関係は終わってしまいましたが、役者同士としての関係は、離婚後もずっと良好なようです。

関連記事

小泉今日子に関連する記事はこちら
永瀬正敏に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ