ドラマ・映画

鋼の錬金術師 ハガレン|実写映画のキャスト出演者情報!山田涼介・ディーン・フジオカ

更新日:

鋼の錬金術師

2017年冬公開の映画「鋼の錬金術師」(ハガレン)のキャスト出演者情報の他、ホットな話題も合わせてご紹介します。

「鋼の錬金術師」のキャスト出演者情報

山田涼介(やまだりょうすけ) / エドワード・エルリック(えどわーど・えるりっく) 役

生年月日:1993年05月09日
年齢:23歳
身長:165cm
体重:-
血液型:B型

最終学歴

堀越高等学校卒業

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

若くして国家錬金術師の称号を持つ天才錬金術師。錬金術における禁忌である母の人体錬成を弟のアルフォンスと共に犯してしまったという秘密があります。禁忌を犯し、エドワードは自分の右腕を失い、弟は体を失ってしまったために、兄弟は体を取り戻すために旅に出ることになります。その中で、元の体が取り戻せるかもしれないという「賢者の石」の話を聞き、2人はそれを追い求めていきます。

関連記事

山田涼介に関連する記事はこちら

ディーン・フジオカ(でぃーん・ふじおか) / ロイ・マスタング(ろい・ますたんぐ) 役

生年月日:1980年08月19日
年齢:35歳
身長:180cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

千葉県立船橋高等学校卒業後、アメリカシアトルのコミュニティ・カレッジ卒業。ITを専攻。

家族・親戚

-

婚姻歴

ヴァニーナ(インドネシア人)/2012年-現在

役柄

国家錬金術師で、東方司令部の大佐。別名「焔」。女好きの遊び人を装っていますが、実は密かに大総統への野望を持ち、身内のために全てを投げうる熱血漢です。

関連記事

ディーン・フジオカに関連する記事はこちら

本郷奏多(ほんごうかなた) / エンヴィー(えんう゛ぃー) 役

生年月日:1990年11月15日
年齢:25歳
身長:174cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

-

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

「嫉妬」を司るホムンクルスでウロボロウの組織の一員です。中性的な容姿をしており、性別も不明です。また、性格がひょうきんかつ感情豊かなキャラクターです。

関連記事

本郷奏多に関連する記事はこちら

國村隼(くにむらじゅん) / ティム・マルコー(てぃむ・まるこー) 役

生年月日:1955年11月16日
年齢:60歳
身長:170cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

大阪放送劇団付属研究所9期生卒業

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

元国家錬金術師で無制限な錬金が可能となる「賢者の石」の制作に関わっていた人物。

関連記事

國村隼に関連する記事はこちら

石丸謙二郎(いしまるけんじろう) / コーネロ教主(こーねろきょうしゅ) 役

生年月日:1953年11月01日
年齢:62歳
身長:173cm
体重:67kg
血液型:A型

最終学歴

日本大学藝術学部演劇学科中退

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

レト教の教主で、自身を太陽神レトの代理人と名乗っています。

関連記事

石丸謙二郎に関連する記事はこちら

内山信二(うちやましんじ) / グラトニー(ぐらとにー) 役

生年月日:1981年09月25日
年齢:34歳
身長:174cm
体重:125kg
血液型:O型

最終学歴

-

家族・親戚

-

婚姻歴

未婚

役柄

知能が低く、もんびりマイペースな性格です。ラストを慕っています。

関連記事

内山信二に関連する記事はこちら

大泉洋(おおいずみよう) / ショウ・タッカー(しょう・たっかー) 役

生年月日:1973年04月03日
年齢:43歳
身長:178cm
体重:69kg
血液型:B型

最終学歴

北海学園大学経済学部卒業

家族・親戚

妻:中島久美子(フジテレビドラマプロデューサー)

婚姻歴

中島久美子(フジテレビドラマプロデューサー)/2009年-現在

役柄

国家錬金術師で別名「綴命」。合成獣の権威とされているが、その背景には妻を使っての人体錬成があった。国家錬金術師保身のため、娘と飼い犬を使って再び人体錬成をもくろむも「傷の男」に殺害される。

関連記事

大泉洋に関連する記事はこちら

佐藤隆太(さとうりゅうた) / ヒューズ中佐(ひゅーずちゅうさ) 役

生年月日:1980年02月27日
年齢:36歳
身長:179cm
体重:62.5kg
血液型:A型

最終学歴

日本大学藝術学部映画学科卒業

家族・親戚

奥さん:名前は-。2009年にできちゃった結婚

婚姻歴

佐藤隆太(俳優、タレント)/2009年-現在

役柄

温かい心を持つ人物で、エルリック兄弟を何かと気にかけてくれる。他方、暗器に通じたナイフの達人。

関連記事

佐藤隆太に関連する記事はこちら

小日向文世(こひなたふみよ) / ハクロ将軍(はくろしょうぐん) 役

生年月日:1954年01月23日
年齢:62歳
身長:164cm
体重:59kg
血液型:O型

最終学歴

東京写真専門学校(現・専門学校東京ビジュアルアーツ)卒業

家族・親戚

-

婚姻歴

一般女性(元劇団員)/1993年-2016年

役柄

少将の肩書を持つ軍人です。登場時は東方司令部のニューオプティン支部に配属されていますが、後に東方司令部に異動します。私生活では家庭的な父親です。

関連記事

小日向文世に関連する記事はこちら

本田翼(ほんだつばさ) / ウィンリィ・ロックベル(うぃんりぃ・ろっくべる) 役

生年月日:1992年06月27日
年齢:23歳
身長:166cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

東京都立新宿山吹高等学校卒業

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

エルリック兄弟とは幼馴染で、鋼の錬金術師のヒロイン的存在。

関連記事

本田翼に関連する記事はこちら

蓮佛美沙子(れんぶつみさこ) / リザ・ホークアイ中尉(りざ・ほーくあいちゅうい) 役

生年月日:1991年02月27日
年齢:25歳
身長:163cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

白百合女子大学文学部児童文化学科

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

ロイ・マスタング大佐に信頼されている人物。

関連記事

蓮佛美沙子に関連する記事はこちら

原田夏希(はらだなつき) / グレイシア・ヒューズ(ぐれいしあひゅーず) 役

生年月日:1984年07月07日
年齢:31歳
身長:168cm
体重:-
血液型:AB型

最終学歴

明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業

家族・親戚

-

婚姻歴

未婚

役柄

マース・ヒューズの妻。良妻賢母で特技は料理という家庭的な女性です。

関連記事

原田夏希に関連する記事はこちら

夏菜(なつな) / マリア・ロス(まりあ・ろす) 役

生年月日:1989年05月23日
年齢:27歳
身長:165cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

日出高等学校卒業

家族・親戚

-

婚姻歴

-

役柄

アメストリス軍の少尉でアレックス・ルイ・アームストロング少佐の部下。

関連記事

夏菜に関連する記事はこちら

松雪泰子(まつゆきやすこ) / ラスト(らすと) 役

生年月日:1972年11月28日
年齢:43歳
身長:165cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

鳥栖商業高等学校卒業

家族・親戚

弟:高村晃平(俳優)/弟:松雪陽(歌手)

婚姻歴

GAKU(ギタリスト)/1998年-2005年

役柄

錬金術によって生み出された人造人間・ホムンクルス。冷静で頭が切れるセクシーな大人の女性です。

関連記事

松雪泰子に関連する記事はこちら

ホットな話題

鋼の錬金術師・ハガレンが実写化!アルフォンスは誰?

漫画「鋼の錬金術師」が実写映画化されます。公開は2017年冬の予定。

人気コミックの実写化ということで、そのキャスティングに既に大きな関心が集まっているようです。

鋼の錬金術師・ハガレンキャスト発表

先日のキャスト発表では、予想通りだったり、意外な人物が選ばれていたりで、原作ファンの間では悲喜交交だったようです。

主役、エドワード・エルリックを演じるのは人気アイドルグループHey! Say! JUMPの山田 涼介。小柄な体格がぴったりです。

この他、主要キャスト、ウィンリィ・ロックベルを本田翼、ロイ・マスタングをディーン・フジオカと豪華な顔ぶれが並びます。

アルフォンスのキャストは?

そんな中、キャスト発表でエドワード・エルリックの弟で、もう一人の主役でもあるアルフォンス・エルリック の名前がなかったことで、今様々な憶測を呼んでいるようです。

気になるキャストの発表をわざと遅らせて話題を引っ張るという説。

本当にキャスト選びが難航していて、まだ決まっていないという説。

そして、アルフォンス・エルリックはCGで描かれるので、人間の役者はいないという説。

原作の漫画「鋼の錬金術師」を読んだことがない人は、何でアルフォンスだけがCGなの?と疑問に思われるかもしれません。

それは、彼の外見的特徴がCGにぴったりだからということです。

エドワードとアルフォンスの兄弟が人体錬成を失敗し、エドワードは左脚を、アルフォンスは身体すべてを失います。

そして、アルフォンスの魂を金属甲冑に定着させることで、何とか生きながらえることになります。

つまり、アルフォンスは金属でできた大きな鎧姿なのです。

曽利監督がコメントを発表

この映画「鋼の錬金術師」で監督を勤めるのは、映画「ピンポン」などの演出で知られる曽利文彦監督です。

曽利監督といえば、映画「タイタニック」でCGアニメーターとして参加するなど、CG畑出身の映画監督で、CGを多用した映像表現には定評があります。

その曽利監督が今回の映画についてコメントを発表しています。

その中で「(CGであることを)感じさせないCGと観ていただきたいCGが両方大量に入ると思う」と語っているように、多くの場面でCGが使われることになるようです。

また、アルフォンスの表現方法ついても触れ、「ファンの方たちに十分満足していただけるものをお見せできると思う。アルフォンスに自信があるから、映画化に踏み切ったと言える」とも語っています。

どうやら、アルフォンス・エルリックはCGになりそうですね。

ネット上ではアルフォンスがCGで表現されることに抵抗を感じている原作ファンの方も多いようですが、私はアルフォンスがCGでどのように表現されるのか、今から楽しみです。

鋼の錬金術師にディーン・フジオカ!ロイ・マスタング大佐役

2017年冬に公開が予定されている「鋼の錬金術師」にディーン・フジオカさんが出演することが発表されました。

人気漫画「鋼の錬金術師」が実写化されるとあって、ネット上では既に何かと話題となっているようです。

主役エドワード・エルリックを演じるのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介さん。今回、ディーン・フジオカさんはロイ・マスタング大佐を演じています。

ロイ・マスタング大佐ってどんな役どころ?

ロイ・マスタングは、東方司令部に勤務するアメストリス国軍の大佐で、焔の錬金術師。野心家で大総統の地位を目指していますが、実は女好きで一見クールそうに見えて情に厚い憎めないキャラとなっています。

主人公のエドワード・エルリックとは上司と部下の関係にあり、事あるごとにふたりの兄弟を助けます。

ディーン・フジオカ演じるロイ・マスタングとは?

知的でクールなディーン・フジオカさん演じるロイ・マスタング大佐は、軍人呼ぶにはちょっと線が細い気がしますが、原作漫画の中でも年齢の割に威厳がないのが悩みとされているので、案外ちょうどいい感じのキャスティングなのかもしれません。

原作漫画に登場するロイ・マスタング大佐も黒髪に涼しげな目元が印象的で、どことなくディーン・フジオカさんに似ているような気がしますね。

ディーン・フジオカさんといえば、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役で大ブレイクし、その後も連続ドラマなど話題作が目白押しで、今や超売れっ子となっています。

「あさが来た」で見せた時代劇(近代ですが)や、TBSの火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」で見せた現代劇、どちらも素敵でしたが今回はヨーロッパを舞台としたファンタジー世界とのことで、またひとつ世界が広がることになりそうです。

ちなみに、2017年放送予定のNHK「精霊の守り人」第2シーズンにも出演予定で、こちらは古代日本がベースとなった和風ファンタージーです。

それにしてもNHKはディーン・フジオカさんの起用が多いですね。

ディーン・フジオカの制服姿が見たい

ディーン・フジオカさんの軍の制服姿。これを見たい方は多いのではないでしょうか。

原作漫画やアニメの中でロイ・マスタング大佐が着ているのは濃紺の立襟のジャケットにゲートルといういかにも軍人らしいもの。

肩の階級章や襟元のバッチ、複雑な形状の前の合わせなど凝った装いです。

これが実写になってどうなるのか気になるところです。

願わくば、安っぽいコスプレみたいならないことを祈るばかりです。

山田涼介がエドワード・エルリックに!鋼の錬金術師映画化!

荒川弘の漫画「鋼の錬金術師」が映画化されることが発表されました。公開は2017年冬を予定。

漫画「鋼の錬金術師」といえば、日本中で知らない人がいないくらいの大人気作。

「月刊少年ガンガン」に2001年から10年に渡って連載され、コミックスは全27巻が発売され、その累計発行部数は6100万部を超える大ヒットとなっています。

今回主演を務めることになったHey! Say! JUMPの山田涼介(やまだりょうすけ)さんも「僕自身も小さな頃から読んでいた」と語っています。

今さらだけど、鋼の錬金術師ってどんなお話?

今さら感がありありですが、漫画「鋼の錬金術師」のストーリーについて簡単にご紹介したいと思います。

母親を亡くしたエドワードとアルフォンスの兄弟が、母親を蘇らせようとして錬金術で禁忌とされる人体錬成を行うが、失敗してエドワードは左足をアルフォンスは身体すべてを失うことになってしまします。

身体をなくしたアルフォンスは魂を鎧に定着させ、生きることに。

やがて12歳となったエドワードは国家錬金術師となり、アルフォンスの身体を取り戻すために賢者の石を探してふたりで旅をする物語です。

鋼の錬金術師はどんな映画になるのか

物語の舞台は蒸気機関などが登場する近代ヨーロッパ。そこに錬金術が存在するという独自の世界観となています。

今回、監督を務める曽利文彦さんはなるべく原作に沿った形で描きたいと語っており、撮影は6月上旬からイタリアにて行われる予定です。

また、デジタル技術を前面に押し出した映像を手がけるとも語っており、CGを駆使した最新の映像表現になりそうです。

現在、主役のエドワード・エルリック(山田涼介)他、ウィンリィ・ロックベル(本田翼)、ロイ・マスタング(ディーン・フジオカ)など主要キャストが発表されていますが、そこにもう一人の主役、アルフォンス・エルリックの名前がありません。

アルフォンスは魂を鎧に定着させた姿という設定になっているので、どうやらこちらはCGになりそうですね。

ストーリーの方は、原作のお話の始まりから結末までを一本の映画で描くのか、それともエピソードを抜き出してシリーズがするのか分かりませんが、いずれにしても壮大なお話になりそうです。

山田涼介のエドワード・エルリックはハマリ役?

Hey! Say! JUMPの山田涼介さんといえば、身長が低いと言われるジャニーズにあっても、更に小柄な印象です。

正式に身長は発表されていませんが、ファンの間では163センチから165センチの間と言われています。

漫画の中に登場するエドワード・エルリックもことあるごとに低身長をネタにされているので、ファンの方々には叱られそうですが、ある意味ぴったりなキャスティングなのかもしれません。

暗い過去を持ちながらも、試練を乗り越え前向きに生きる錬金術士・エドワード・エルリックを山田涼介さんがどのように演じるのか今から楽しみですね。

鋼の錬金術師
鋼の錬金術師実写化 映画のロケ地和歌山ポルトヨーロッパとは

ネット上で2017年冬公開予定の映画「鋼の錬金術師」のロケ地ではないかと噂となっていた、和歌山県和歌山市にあるテーマパーク「ポルトヨーロッパ」に行ってきました。もちろん写真も撮ってきましたよ。

-ドラマ・映画
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© UNDER THE VEIL 芸能人になりたい貴方のための情報発信サイト , 2018 All Rights Reserved.