山女日記 ドラマ原作本は湊かなえの同名の人気小説です!

2016年11月スタートのドラマ「山女日記」(BSプレミアム)の原作本は、湊かなえの同名の人気小説です。

Sponsored Link

小説「山女日記」とは?

松たか子主演で話題になった『告白』の作者、湊かなえによって描かれた「山ガール」を題材にした作品です。

これまでのミステリーやサスペンスといった路線ではなく、様々な悩みを抱えた女性たちが山登りを通じて、また新しい一歩を踏み出していく。その心理描写が丁寧に描かれた連作長編となっています。

「山女日記」のあらすじは?

結婚を控えマリッジブルーに陥る律子、医者に嫁いだ姉に劣等感を持つ希美、過去の男性に今だに想いをはせる帽子デザイナーの柚月。

「こんなはずではなかった・・・」「こんな人生になるはずじゃなかった・・・」

三人の女が誰にも言えない悩みや苦悩を抱えながら山を登っていく。そしてその山登りをする中で、やがて小さな光明を見つけ、それぞれがまた歩き出して行くというストーリー。

「山女日記」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:湊かなえ(みなとかなえ)
生年月日:1973年1月1日
年齢:43歳
最終学歴:武庫川女子大学家政学部被服学科卒業
デビュー作:聖職者
受賞歴:第35回創作ラジオドラマ大賞/第29回小説推理新人賞/第6回本屋大賞/第3回広島文化賞新人賞/第63回日本推理作家協会賞/第65回日本推理作家協会賞(短編部門)/第29回山本周五郎賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「山女日記」に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ