水崎綾女がドラマ彼岸島で演じた涼子は映画ではどうなるの?

Sponsored Link

水崎綾女さんがドラマ・映画『彼岸島』で演じる“涼子”は、主人公の兄と共に行方不明になった兄の婚約者です。しかし、“涼子”はある意味『彼岸島』を地獄にしてしまった張本人とも言えるのです。果たしてその役どころは?そして映画『彼岸島デラックス』では何を仕出かすのでしょうか?

水崎綾女は『彼岸島』のドラマ・映画通じて“涼子”を演じる

水崎綾女さんは、ホリプロタレントスカウトキャラバン出身で、グラビアモデルやバラエティから芸能活動をスタートしました。

2007年には「キューティーハニーTHE LIVE」でアクションに挑み、2012年には伝説のキャバ嬢を描いた映画「ユダ」のヒロインを3000人を超えるオーディションで勝ち取ったことで本格女優の仲間入りを果たしています。

妖艶な肢体でアクションOKという強みを活かし、映画『進撃の巨人』では戦闘に身を投じるタフなシングルマザー“ヒアナ”を演じ、主役のエレンをちらりと誘惑したりしています。(「子持ちの女は興味ない?」という彼女の名台詞?が一番インパクトがあったというファンも多いようです)

そんな「一筋縄ではいかない女」を演じるとひときわ光る水崎綾女さん。水崎綾女さんが、2013年に『彼岸島』が初テレビドラマ化された際に演じたのが“涼子”という重要な役で、この秋テレビドラマ『彼岸島Love is over』から映画『彼岸島デラックス』と続く一連の作品にも続投が発表されています。

実はこの“涼子”、彼女さえ余計なことをしなければ『彼岸島』はこんな大変なことにはならなかったという、諸悪の根源でもあるのです。

水崎綾女演じる“涼子”は、ある意味『彼岸島』を地獄にした張本人

『彼岸島』とは、松本光司さん作の単行本33巻に及ぶ大ヒット漫画で、この作品を原作としたゲーム等のメディアミックスも盛んに行われています。

物語の舞台は日本のどこかにある絶海の孤島「彼岸島」で、ウィルスに感染して吸血鬼と化した住民が人をさらって生き血を吸いまくっているという怖すぎる場所です。

その彼岸島に、行方不明になった兄・篤を探すためやってきた弟・明と仲間たちが島のレジスタンスと組んで、吸血鬼の首領と吸血鬼軍団、さらにモンスター化した邪鬼軍団と闘うのです。

水崎綾女さん演じる“涼子”は主人公の兄・篤と共に行方不明になった篤の婚約者です。

しかし“涼子”は実は「彼岸島」の出身者であり、婚約者を紹介するため篤を「彼岸島」に連れて行き、そこで余計な話をポロっとして篤の好奇心を刺激し、結局篤が島に封印されていたマスターヴァンパイア“雅”をうっかり解放してしまって、「彼岸島」はとんでもないことになってしまいました。

つまり“涼子”はある意味「彼岸島」を地獄にした張本人。そして物語の展開とともに、“涼子”も彼女を愛する篤もフクザツな役どころとなり、二人を探しに来た主人公たちを余計に苦しめることになるのです。元々悪気はなかったとはいえ、“涼子”は災いを巻き起こす女、とんだファムファタール(魔性の女)と言えなくもありません。

Sponsored Link

水崎綾女テレビドラマ放送前に「私は映画しかでてなーい」とつぶやく?

さて、そんな“涼子”は2013年のテレビドラマ終了時点では“消息不明”ということになっていました。「続投も発表されたことだし、この秋のドラマ・映画でも何か仕出かすに違いない」とファンの期待も高まりました。

そして、テレビドラマのシリーズ放映開始直前のことです。

「彼岸島映画へと繋がる、破格のドラマシリーズ『彼岸島 Love is over』(全4話水崎綾女出演!)」とつぶやいたファンのツイートに、あろうことか水崎綾女さんは「私は映画しかでてなーい」と付け足してリツイートしたのです。

おそらく、映画の前哨戦であるテレビドラマの方には、前作の回想シーン程度しか出ていませんよ、という意味なのでしょうか。ドラマは関西圏と関東圏で放映日が違うのですが、どちらの初回前後も『彼岸島 Love is over』にツイートで触れたのはこの時だけでした。

2013年のテレビドラマの撮影時には、篤を演じる鈴木良平さんとは同じ事務所で気心も知れて演技がしやすい、とか主人公・明を演じる白石隼也さんはアクションつながりで旧知の仲、とか沢山つぶやいていたのに、随分な温度差です。

思うに、『彼岸島 Love is over』の方では、“涼子”の「悪気はないけど魔性の女」ぶりを存分に発揮する場面がなかったのでしょう。

水崎綾女演じる“涼子”は映画『彼岸島デラックス』で何を仕出かすのか?

しかし、映画『彼岸島デラックス』は、主人公・明と兄・篤の兄弟対決がメインとなって描かれるということですから、篤の最愛の人である“涼子”はまた物語の糸をもつれさせてくれるに違いありません。

10月4日に行われる完成披露上映会には水崎綾女さんも舞台挨拶に登壇するそうなので、テレビで暴れ足りなかった分、映画では“涼子”も活躍してくれるのではないでしょうか。水崎綾女さん演じる“涼子”が『彼岸島デラックス』で何を仕出かすのか、期待したいものです。

関連記事

水崎綾女に関連する記事はこちら
ドラマ「彼岸島」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ