神田沙也加が徹子の部屋に!冷戦中の松田聖子と声似てる?

歌手で女優、最近は声優としても活躍中の神田沙也加さんが徹子の部屋に出演します。

神田沙也加さんといえば、俳優の神田正輝さんと女優で歌手の松田聖子さんの間に生まれた一人娘であることは一般によく知られていますが、恋多き女性である母親とは根深い確執があるようです。

小学校の4年生の時に両親が離婚。神田沙也加さんは、母親の松田聖子さんが親権をもったため、その後一緒に暮らすことになります。

神田沙也加

http://ameblo.jp/sayaka-kanda
Sponsored Link

恋多き女性、松田聖子

松田聖子は1980年に「裸足の季節」でデビューして以来、人気アイドルとしの地位を確立し、多くの人に愛されてきました。「聖子ちゃんカット」や「ぶりっ子」などといった言葉も流行し、社会的にも一時代を築いたといえるでしょう。

しかし、私生活では1985年に交際を公表していた郷ひろみと破局。その5ヶ月後、沙也加の父親である神田正輝と結婚しています。そして12年の結婚生活を経て1997年に離婚。その後は歯科医の波多野浩之と交際に2ヶ月で結婚し、約2年半で離婚しています。

2012年には一般人の男性との再々婚をを発表。(お相手の詳しい経歴などは公表されていません)

この他にも噂になった男性は数知れず、永遠のアイドルであると同時に恋多き女性でもあるわけです。

ただ、やはり神田沙也加の娘の立場からすれば、複雑な思いにならざるえないでしょう。実際に二人の間の確執は事あるごとに取り上げられています。

新しい父親との生活を余儀なくされ、学校では母親のスキャンダルを噂される、多感な時期にそのような状況に置かれ、随分とつらい思いをしたのではないかと思います。

Sponsored Link

神田沙也加のいじめと転校

複雑な家庭環境の中で、神田沙也加は、小学校から高校までの間で4度の転校を経験しています。

自身の著書の中で、その当時壮絶ないじめにあったことを告白しています。

そのような難しい状況に娘が置かれている時も、松田聖子は熱愛と破局が報じられているわけですから、親子関係が上手くいくはずもありません。

詳しくは、こちらをお読みください。


それでも、ふたりは似ている親子

神田沙也加の顔立ちは、大きめの顔に鼻筋から目のあたりまで父親である神田正輝とよく似ています。ふたりが並ぶと本当にそっくりです。

しかし、声は母親である松田聖子によく似ていると言われています。ディズニーのアニメ「アナと雪の女王」の日本語版の中で歌を披露していますが、その歌唱力の高さが話題となっています。

確かに声の質や甘えたように声が鼻に抜ける感じは母親の松田聖子によく似ていますが、その歌唱力は一枚も二枚も上手だと思います。まさに、実力派といえるでしょう。

歌手として、声優として活躍

歌唱力で取り上げられることが多い神田沙也加ですが、今年の3月に授賞式が行われた「第9回声優アワード」において、主演女優賞を贈られました。巷では神田沙也加が声優?とやっかみ半分の噂もあったようですが、「アナと雪の女王」では主人公のアナを見事に演じきっています。

著名な親を持つ人が、その親以上に評価され活躍することは、本当に難しいことでしょう。どんなに実力があっても、「親の七光り」と言われてしまって悔しい思いをすることも多いのではないかと思います。このような中、しっかりと結果を出されている神田沙也加さんの生き方に共感する人も多いのではないでしょうか。

よろしければ、こちらの記事も合わせてお読みください

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ