芸能人

篠原涼子の子供が通う小学校は?市村正親さんとの結婚生活は?

更新日:

女優の篠原涼子さんと俳優の市村正親さんが結婚したのは2005年12月のことで、長男が誕生したのは約2年半後の2008年5月のことです。その後、2012年2月には次男が誕生しています。

巷にはふたりの間に2人の子供がいるとの情報もありますが、こちらは市村さんが2014年に胃がんの手術を受けて自宅療養をした際に、篠原さんが療養食(離乳食のようなもの)を作って看病しながら、手のかかる市村さんのことを「3人目の赤ちゃん」と称したという話が元となっています。

市村さんが復帰会見でこのことを明かし、ほのぼのとした笑いを誘っていました。結婚当初、24歳差の歳の差カップル、略奪婚として話題になりましたが、どうやら10年経っても夫婦円満なようです。

ふたりの子供は?

市村さんご一家は、市村正親さんと妻の篠原涼子さん、長男、次男の4人家族と、チワワとダックスフントの犬2匹です。

市村正親さんは2005年12月に篠原涼子さんと結婚し、2008年に長男、2012年に次男が誕生しました。

市村さんは59歳で初めて父親になったことになります。

スポンサーリンク

子供たちが通う学校は?幼稚園は?

篠原涼子さん、市村正親さんご夫婦の長男が通う小学校は芸能人の子弟も数多く通うことでも知られる、青山学院初等部です。

青山学院初等部の学費は、入学金が30万円、年間授業料が75万円、その他設備費等の諸経費が30万円弱、と意外とリーズナブルな印象ですが、これ以外にも任意の寄付金などもあるようです。

募集人員は男女各44名の計88名(幼稚園からの内部進学者40名)で、受験はかなりの狭き門となっています。

ちなみに、市村さん夫妻の長男も青山学院幼稚園の受験には失敗し、初等部から通学しています。(実際に通園した幼稚園に関しては情報がありません)

下のお子さんも3歳で幼稚園に通う年頃ですが、具体的な情報はありません。

しかし、青山学院のような一貫校では、すでに兄弟が通学している場合、受験が有利になると言われており、恐らく青山学院幼稚園に通園しているのではないかと思われます。

ふたりの結婚は?

篠原涼子さんが、俳優の市村正親さんと結婚したのは2005年12月のことです。その頃、篠原涼子さんは32歳、旦那の市村正親さんは56歳とその歳の差は24歳ということで、巷では話題となりました。

しかも、それは既婚者だった市村正親との不倫の末の略奪婚だったのではないかと言われています。

市村正親さんが離婚したのはいつ?

市村正親さんが舞台女優の八重沢真美さんと離婚したは2003年5月のことです。

ふたりが結婚したは1984年のことで、結婚生活は約19年に及びますが、そのうち10年位は、市村さんの女性関係が原因で既に別居状態でだったそうです。

篠原涼子さんとの結婚が2005年のことですので、一見すると離婚後2年経って再婚したようにも見えます。

しかし、篠原さんと市村さんが出会ったのが2001年に上演された舞台「ハムレット」ですので、グレーな期間が2年ほどあるということになるわけです。

ふたりの馴れ初めは舞台「ハムレット」

ふたりが出会った舞台「ハムレット」で、市村正親さんがハムレットを、篠原涼子さんがオフィーリアを演じています。

オフィーリアといえば、ハムレットの恋人役。舞台の上で寄り添う場面もあり、ふたりは急接近したようです。

舞台の場合、テレビドラマなどと違い、公演期間中は毎日顔を合わせ、同じシーンを演じるので、出演者同士で熱愛に発展するケースがよくあるように思われます。

ふたりの夫婦仲は?

不倫の末の略奪結婚なのか、節度ある大人の付き合いから(市村正親さんが)離婚後交際に発展したのかは微妙ですが、夫婦仲は非常に良好なようです。

現在はふたりの息子にも恵まれ、市村さんはその渋い外見からは想像がつきませんが、イクメンな著名人を表彰する「イクメン オブ ザイヤー2013」に選ばれるほどのイクメンパパです。

また、昨年に2014年に市村さんに胃がんが見つかった際も、篠原涼子さんが自宅で療養食を振る舞うなど献身的に看病をされたそうで、療養後の復帰会見でも夫婦円満、家庭円満を語っていました。

市村正親の胃がんが発見された経緯は?

市村正親 さんは、2014年6月に体調不良を訴え病院で診察を受けたところ、急性胃炎と診断されて入院することになりました。

その際に市村さんがあまりに痛がるので、妻の篠原涼子さんが不安に感じて精密検査を依頼したところ、実は早期の胃がんだったことが判明しました。

その後、腹腔鏡手術を受け、胃の半分を切除し腫瘍はすべて取りきれたそうです。

腹腔鏡手術は早期の胃がんの手術に用いられ、開腹することなく腫瘍を切除できる手術法で、その手術を受けた人の5年生存率は約98%とされています。市村さんもひとまずは安心といったところでしょうか。

篠原涼子さんの助言が早期発見に繋がり、市村さんは妻に感謝していると復帰会見でも語っていました。

篠原涼子が2015年10月スタートのドラマより本格始動

市村正親さんの胃がんの手術も無事成功し、長男が青山学院初等部に合格、次男も幼稚園に通うになり、篠原涼子さんも女優業を本格始動させるようです。

篠原涼子さんといえば、主演するドラマが軒並みヒットし、「連続ドラマの女王」と呼ばれたりもしていますが、連続ドラマへの出演は2013年の「ラスト♡シンデレラ」(フジテレビ系列)以来、2年半ぶりです。

復帰後初出演のドラマ「オトナ女子」(フジテレビ)は、アラフォー女性の恋愛模様を描くコメディーです。

篠原涼子さんの持ち味である、ちょっととぼけた明るさが、ドラマをたのしいものにしてくれそうです。

-芸能人
-,

Copyright© UNDER THE VEIL 芸能人になりたい貴方のための情報発信サイト , 2018 All Rights Reserved.