萩原流行死去!映画やドラマの出演作!家族や妻、病気などのプライベートも

Sponsored Link

名脇役として語られる役者は多いが、この人ほど味のある悪役で観客を魅了する俳優も珍しいのかもしれない。また、2014年には抗日ドラマにも出演し、何かと話題になりました。

http://www.gekkoen.co.jp/as_maker/co_news/up_img/20110619043255.jpg

萩原流行さんの家族やプロフィール

萩原さんは1953年生れの62歳。これまでに数多くのドラマや映画、舞台などで活躍してきた俳優です。自身のブログの中で「死ぬまで舞台に立ちたい!」と語っており、役者という職業に強い思い入れを感じさせます。

妻の萩原まゆ美さんも舞台俳優で、萩原流行さんと同じ劇団「ザ・スーパーカムパニイ」に10年在籍していました。

ふたりの間に子供はおらず、猫を大変かわいがっていて、うつ病を患っていることを公表している萩原さんはテレビ番組の中で「猫のおかげで自分がある」とも語っています。

萩原さんのファンションはウェスタンスタイルで知られ、自身の愛用の財布や財布入れなどは、革製の特注品でガンベルトを模して作られているそうです。

これまでの映画、ドラマの代表作

これまでに時代劇や刑事ドラマ、サスペンスドラマなどに数多く出演。悪役やあくの強い役柄を演じています。

大河ドラマでは、「独眼竜政宗」「炎立つ」「元禄繚乱」と3作に。刑事ドラマとしては、日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」やテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」などに出演しています。

映画では、「蒲田行進曲」や「里見八犬伝」の他、「喰いしん坊!」シリーズ全4作に出演している。

抗日ドラマ「東方戦場」に出演

「東方戦場」は2014年に中国で制作されたドラマで、総製作費16億円とも言われています。

内容は、1931年の満州事変から終戦までを描くもので東洋のマタハリとも呼ばれた川島芳子や昭和天皇も登場するそうです。

中国政府主導で作られ、政治的意図も明確なこの抗日ドラマに日本の著名な俳優が出演することは、通常考えにくいことですが、萩原さんは当時所属していた「オーケープロダクション」の反対をも押し切って、出演しています。

結果的に、この件で8年所属した事務所を離れることになります。

ギャラの方も日本のドラマ出演と変わらない程度だったと伝えられていますが、役者魂が引き受けずにはいられなかったというところでしょうか。

求められていた役柄は、残忍な日本人役とのことで、悪人顔の萩原さんにはうってつけだったようです。

Sponsored Link

萩原流行さんの病気

近年は病気のためか、出演作が減っていた模様。2013年放送のテレビ朝日系「ダブルス〜二人の刑事」以降、ドラマには出演していないようです。

萩原さんは自著「Wうつ」の中で、妻のまゆ美とふたりでうつ病であることを告白していますが、実際のところ躁うつ病であった可能性が高いように思われます。

躁うつ病は、うつ状態では病状がうつ病と酷似しているため、診断が難しい病気です。

躁状態では問題行動を引き起こすことが多く、今回の萩原さんの事故はこれにあてはまるのかもしれません。

躁うつ病はある程度、薬で病状をコントロールすることが出来るとはいえ、これまでにもトーク番組などでも失言や奇行で周囲を困らせることも多々あったようです。

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ