増山超能力師事務所 ドラマ原作本は誉田哲也の同名の小説です

Sponsored Link

2017年1月スタートのドラマ「増山超能力師事務所」(日本テレビ系列)の原作本は、誉田哲也の同名の人気小説です。

小説「増山超能力師事務所」とは?

誉田哲也著の作品で、所員一人ひとり毎回主人公が変わる全7話の短編オムニバス方式の作品です。

文庫版も出版されるなど人気作品となっています。

刑事を主人公にしたシリアスな推理小説やホラー小説が得意な著者にしては珍しい、コメディに挑戦した意欲作となっています。

「増山超能力師事務所」のあらすじは?

超能力ビジネスが事業認定されるようになった日本で、一級超能力師の増山圭太郎は超能力師事務所を開設します。

「面倒くさい」が口癖で、部下に奢らせて喜ぶような性格の増山の他、能力も見た目も凸凹な5人の所員達が浮気調査や家出人探しなどの依頼人の相談を解決していくストーリーです。

「増山超能力師事務所」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:誉田哲也(ほんだてつや)
生年月日:1969年8月18日
年齢:47歳
最終学歴:学習院大学経済学部卒業
デビュー作:妖の華
受賞歴:第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞/第4回ホラーサスペンス大賞特別

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「増山超能力師事務所」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ