松田凌がドラマ 男水! に主演!役どころやあらすじをご紹介

2017年に放送予定のドラマ「男水!」。同名漫画が原作で、ドラマと同時に舞台も上演されるということで、ファンの間では話題になっています。

今回は、ドラマ「男水!」のあらすじと、「2.5次元俳優」が勢ぞろいしたキャスト紹介、そして主演の松田凌さん演じる「榊秀平」の役どころをご紹介します。

Sponsored Link

「男水!」ってどんなドラマ?

ドラマ「男水!」は、ウェブ漫画サイト「花LaLa online」で連載中の、木内たつやさんの同名漫画作品が原作で、高校の弱小水泳部を舞台にした青春群像劇です。

脚本は映画「ヒロイン失格」などを手がけた吉田恵里香さん、監督はドラマ「でぶせん」などを手がけた松永洋一さんが務めます。

ドラマの舞台となる「東ヶ丘高校」の男子水泳部は、部員が3人しかいない弱小水泳部です。学校の規則で、部員が5人以上いない部は同好会扱いになってしまうため、部員たちが必死で新入部員を勧誘するところから、物語は始まります。

原作は熱いスポーツものでありながら、コミカルな要素が随所に盛り込まれていて、とても楽しく読める作品です。この原作の世界観を、実写でどのように再現していくのか、注目したいところです。

松田凌

http://www.oricon.co.jp/news/2048553/photo/4/

2.5次元俳優が勢ぞろい

ドラマ「男水!」のキャストは、いわゆる「2.5次元俳優」と呼ばれる俳優陣が勢ぞろいしています。

2.5次元俳優とは、漫画やアニメ、ゲームなどの、2次元媒体を原作とした舞台やミュージカル、通称「2.5次元舞台」に出演している俳優のことです。

主演の松田凌さんは、2012年にミュージカル「薄桜鬼」で、主人公の斎藤一役を演じ、「篠塚大樹」役の宮崎秋人さんも、同じく薄桜鬼で永倉新八役を演じました。

そして、「藤川礼央」役の安西慎太郎さんは、ミュージカル「テニスの王子様」で白石蔵ノ介役を演じ、「小金井晴美」役を演じる赤澤燈さんも、同じくテニスの王子様で芥川慈郎役を演じています。

このように、ドラマ「男水!」は、2.5次元好きにとってはオールスター勢ぞろいともいえる、たまらない出演陣になっているのです。

Sponsored Link

松田凌さんの役どころは?

ドラマ「男水!」で松田凌さんが演じるのは、主人公の「榊秀平」です。榊秀平は東ヶ丘高校の2年生で、男子水泳部の部長です。

後輩にも優しくひたむきな性格で、部員からも慕われています。料理上手という意外な一面もあり、優しい雰囲気とは裏腹に、芯の強い性格で部を引っ張ります。

松田凌さんはこのドラマ出演を「自分にとって挑戦であり新たな魅力を引き出す一歩」と語っています。ドラマで披露することになる水泳シーンについては、「きれいに速く泳げるように日々練習している」と意気込みを語っています。

関連記事

松田凌に関連する記事はこちら
ドラマ「男水!」に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ