ホラン千秋の親や弟は?アイルランド人とのハーフで英語が堪能?

キャスター、タレント、そして女優としても活躍しているホラン千秋さん。ハーフなだけに英語も堪能ではないかと思われますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、ホラン千秋さんの英語力について情報をまとめました。また、親や弟など、ホラン千秋さんの家族についてもご紹介します。

Sponsored Link

アイルランド人とのハーフ

ホラン千秋さんは、父親がアイルランド人のハーフです。日本人離れした綺麗な顔立ちは、同性から見てもあこがれますよね。

ホラン千秋さんはハーフですが、東京生まれの日本育ちで、帰国子女ではありません。大学卒業後も、ずっと多摩市の実家に住んでいるそうです。

ホラン千秋

http://www.oricon.co.jp/photo/1462/108903/

兄弟構成は?弟がいる?

ホラン千秋さんには、弟が一人います。一般の方なので詳しいプロフィールは不明ですが、ホラン千秋さんがあれだけの美人ですから、弟さんも相当なイケメンではないかと思われます。

一部ではウエンツ瑛士さんと兄妹だという、あらぬ噂もありますが、当然これは事実ではありません。ウエンツ瑛士さんは、ホラン千秋さんと顔が似ている芸能人として、時々話題に上がるようです。

Sponsored Link

英語が堪能なバイリンガル

ホラン千秋さんはハーフということで、英語が話せるのかも気になるところです。ハーフタレントでも、日本で育っている人は英語が話せないことも多いですが、ホラン千秋さんは英語が堪能なバイリンガルです。

アイルランドにはあまり英語のイメージがありませんが、公用語はアイルランド語と英語で、普段父とは英語で会話しているそうです。さらに、大学時代にアメリカに1年間留学しており、本場で英語力を鍛えた経験もあります。

テレビなどで英語を披露することがないので、実際に英語を話しているところを見ることはできないのですが、ホラン千秋さんの知人の話などによると、ネイティブスピーカーと全く変わらない発音で、流暢に英語を話すことができるそうです。

トリリンガルって本当?

かつてホラン千秋さんは、3か国語が話せるトリリンガルだと噂されたことがあります。

発端となったのは、ホラン千秋さんが2015年に出演したドラマ「大使閣下の料理人」です。このドラマでホラン千秋さんは、フランス大使館の「マリー」という役を演じ、流暢なフランス語を披露しました。

非常に発音のいいフランス語だったために、本当にしゃべれるのではないかという噂が出ましたが、実際ホラン千秋さんはフランス語を話すことはできません。あくまで役作りで、フランス語の練習をしただけだったようです。

関連記事

ホラン千秋に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ