サスペンスドラマの常連俳優 山村紅葉 本田博太郎が朝ドラ初参戦!

いよいよ幕をあけた朝ドラ『べっぴんさん』。そのヒロインの伯父夫婦として、サスペンスドラマの常連俳優・山村紅葉さんと本田博太郎さんが朝ドラ初参戦を飾ります。ここで、お二人のサスペンス経歴をおさらいしておきましょう。

Sponsored Link

「サスペンスだから朝は無理かと」朝ドラ出演には本人も驚いた?

10月スタートのNHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』。戦後の日本を舞台に、子ども服作りで身を立て、やがて日本初の子ども洋品店を開業するヒロイン・坂東すみれ(演・芳根京子さん)の生涯を描く物語です。

そのすみれの父親(演・生瀬勝久さん)の兄夫婦を演じるのが、本田博太郎さんと山村紅葉さんです。名の知られたベテラン俳優さんですが、意外にもお二人とも朝ドラ出演ははじめて。山村紅葉さんは「私は夜のサスペンスのイメージがあるから、一生(朝ドラには)呼んでもらえないかと思っていた」と取材で喜びを明かしたそうです。

そう、本田博太郎さん、山村紅葉さんといえば、サスペンスドラマの常連的存在。この二人が揃うと「何か物騒な事件が起こるのでは…」とサスペンスドラマファンならつい緊迫してしまいそうなビッグネームなのです。

そんなお二人の華麗なる「サスペンス歴」をご紹介しましょう。

サスペンスドラマの常連俳優・山村紅葉のサスペンス歴とは?

山村紅葉

http://www.asahi.com/and_w/life/images/TKY201302060265.jpeg

山村紅葉さんは、いわずとしれたミステリー作家・山村美砂さんの娘さん。

大学時代に「記念に」と母の作品を原作とするサスペンスドラマに出演したものの、国税庁国税専門官試験にも合格し、卒業と同時に女優はきっぱりやめて国税調査官として勤務、結婚退職後に殺到するオファーに押される形で女優に復帰しています。

以降、母・山村美砂さんや人気ミステリー作家西村京太郎さんの推理小説をドラマ化した2時間ドラマを中心に500本以上の作品に出演し、“2時間ドラマの裏女王”と呼ばれることもある存在です。

そんな山村紅葉さんは、明るく気さくな三枚目風のキャラクターや、京都の歴史やグルメに関する深い造詣からバラエティーや旅番組の出演もあるのですが、その際もお約束としてサスペンス風のお遊び演出が加わることも多く、確かに女優さんの中ではかなりサスペンス色の強い俳優さんと言えるでしょう。

Sponsored Link

サスペンスドラマの常連俳優・本田博太郎のサスペンス歴とは?

本田博太郎

http://www.matsu-c.com/actors/actor01/index.html

一方、本田博太郎さんは、蜷川幸雄さん演出の舞台からスタートし、晩年の岡本喜八監督にも重用された日本を代表する名バイプレイヤーですが、サスペンスドラマでの活躍も数多い方です。

しかも、いい人そうだったのに犯人、いかにも怪しかったが犯人、物凄く偉い人なのに犯人、さすがに今回はと思ったがやっぱり犯人、とサスペンスの要である犯人役を演じることが多く、一時は「出演者にこの名があれば犯人」「刑事役で出ていても犯人」と視聴者を盛り上がらせたものでした。

中でも日本を代表する刑事ドラマ『相棒』の初期の傑作であるシーズン3の3話連続SP『双頭の悪魔』では、内閣官房長官でありながら犯人、という役で強い印象を残しています。

その「犯人なのか違うのか、どっちなんだろう?」という目が離せない俳優としての存在感を宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんが所属するバンド「グループ魂」が唄にして歌い上げ、そのPVに本人がノリノリで出演するという不思議なコラボ経歴も残しています。

最近では、「過去はいろいろあったようだがおかげで今は清濁併せ呑む上司」的な、まるで「鬼平犯科帳」の鬼平のような理想の上司を演じることも増えてきて、内藤剛志主演の『警視庁捜査一課長』では主人公が絶大な信頼を寄せる刑事部長を演じています。

しかしこの人が登場するといい人でもなぜかサスペンスフルな緊迫感が漂う、という独特の存在感は変わらないようです。

サスペンスの常連・山村紅葉&本田博太郎演じるヒロイン叔父夫婦は果たして?

そんなサスペンスの常連俳優・山村紅葉さんと本田博太郎さんが演じるヒロインの伯父夫婦は、ヒロインすみれとその姉ゆりが戦時中疎開して身を寄せる一家として登場するようです。

伯父は一家の総領息子なのに商売が苦手、伯母はお嬢様育ちのすみれたちを厳しくしつける…と、既にこの説明だけで緊迫感が生まれそうですが、そこは朝ドラですから、お二人ならではの新しい「ちょっぴりサスペンスだけどほっこり」で物語を盛り上げてくれることでしょう。

本田博太郎さんは、『べっぴんさん』出演への意気込みを「できるだけ、毒気とユーモアとペーソスの心地よい風を吹かせたい。ボディーブローのごとく、じわじわと効いていきたい」と語っています。

「…何を言っているのか?」若干煙に巻かれた感はありますが、山村紅葉さん&本田博太郎さんというサスペンスな俳優コンビが朝ドラでどんな演技を見せるか、注目したいですね。

関連記事

山村紅葉に関連する記事はこちら
本田博太郎に関連する記事はこちら
ドラマ「べっぴんさん」に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ