人気イケメン俳優は30代が花形!更なる活躍に期待!

映画やドラマ、舞台にといま活躍中の男性俳優が多くいる中で、特に30代がアツいと話題です!経験を積み重ね、その経験が花開いて魅力があふれ出す年代なのかもしれません。ここでは、個性が輝く30代の人気俳優を紹介したいと思います。

Sponsored Link

映画の中でも、強烈な個性を放つ俳優

デビューは1997年、蜷川幸雄さん演出の舞台「身毒丸」の主役オーディションでいきなりのグランプリを獲得した藤原竜也さん。映画でも2000年に「バトル・ロワイアル」で主演に抜擢されました。

その後も、ドラマや映画で活躍し、ゴールデン・アロー賞など、数多くの賞を受賞しています。さらに舞台の主演ではNYタイムズやワシントン・ポストからも高い評価を受けます。今夏はTVドラマ「そして誰もいなくなった」で主演を務めました。一児の父となった現在も、その人気は確固たるものとなっています。

藤原竜也

http://www.horipro.co.jp/fujiwaratatsuya/

1996年に「天才てれびくん」とジャニーズのオーディションに同時に合格したという生田斗真さんは、2007年にテレビドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」で一気に知名度がアップします。

それ以来、駆け上がるように次々とドラマに出演。2010年には映画「人間失格」で、太宰治の世界観を鋭い存在感で表現し、第53回ブルー・リボン賞新人賞を獲得します。

最近では、映画の主演がメインの活動となっているようにも感じます。いろいろな役をこなして、さらに大きな存在感を放つ俳優さんに成長されることを期待せずにいられません。

Sponsored Link

ダメンズもこなすイケメン俳優

空前の視聴率を記録したTVドラマ「家政婦のミタ」で、不倫で家庭を崩壊させた父親を演じた長谷川博己さん。ダメなお父さん役で、一躍有名になりました。

それ以前には、NHKのドラマ「セカンド・バージン」で、鈴木京香さんと熱烈な不倫関係に陥る役を演じています。一時は事業を成功させますが、かわいそうなラストを迎えるという、こちらも残念な男の役でした。

しかし、どちらも演技力がなくてはこなせない役で、その後も生徒を好きになる中学教師や、偽医者を演じています。すっかりダメンズな役が定着してしまったのでしょうか?今後の活躍が気になるところです。

長谷川博己

http://www.oricon.co.jp/news/2055008/photo/4/

舞台の上で、女子を虜にする俳優

お芝居やミュージカルなど、最近は舞台人口も急激に増えています。それを牽引するのも、いまや30代俳優と言えるのではないでしょうか。ミュージカル界のプリンスと呼ばれる、井上芳雄さん、城田優さん、山崎育三郎さん、浦井健治さんはそろって30代です。

また、現在女子たちの間で密かに人気が急上昇しているのが、若手俳優の登竜門と囁かれている“2.5次元”と呼ばれる舞台です。城田優さん、浦井健治さんはその先駆けとなっています。

ジャニーズの嵐のメンバーや山下智久さんも、いまや30代として、活躍中。ますます男っぷりがあがり、魅力的でダンディなアイドル・俳優さんに成長されるのが楽しみですね。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ