中村アンがドラマ「レンタル救世主」で超クールな秘書に!

中村アンさんは10月~放送の『レンタル救世主』でなんと連ドラ5クール連続出演を果たしました。モデル美女女優枠でも頭ひとつ抜けた活躍を見せる中村アンさん、『レンタル救世主』の役どころなどをご紹介します。

Sponsored Link

中村アンは『レンタル救世主』で連ドラ5クール連続出演!

中村アンさんは高校・大学とチアリーディング部で活躍した快活なキャラと健康的なボディで大学在学中の2009年にモデル・タレントとしてデビューしました。

その後2013年頃から「毒舌キャラ」「不潔キャラ」など奔放な発言と“イジられOK”の立ち位置でバラエティで活躍しました。

そこから最近では「中村アンみたいに髪をかっこよくかき上げたい」「中村アンみたいなボディになりたい」と若い女性からあこがれられるカリスマモデルへと見事にキャラクターチェンジに成功しました。

さらに2015年10月~放送の『5→9~私に恋したお坊さん~』からこの秋の『レンタル救世主』までなんと5クール連続で連ドラ出演を果たし、今年の1月~3月期は『家族ノカタチ』『お義父さんと呼ばせて』の2作品掛け持ち出演という活躍で、モデル美女枠女優の中で頭ひとつ抜けた存在になりつつあるのです。

中村アン

http://talent.platinumproduction.jp/nakamuraanne

中村アン出演の『レンタル救世主』のコミカル度は今秋随一!?

そんな中村アンさんがこの秋出演中の『レンタル救世主』はコメディ色の強いドラマが多い今秋のドラマ陣の中でもコミカル度1,2を争う上質のコメディです。

沢村一樹さん演じる主人公・明辺(あかべ)悠五は騙されて大借金を背負いながらも家族に言えず、怪しい人助けの会社「レンタル救世主」に入社します。
同僚は、自分のキレッキレのアクションを自撮りしてはSNSにアップする目立ちたがりで腕が立つ葵(あおい)伝二郎(演・藤井流星さん)や、お調子者でメカニックの天才紀伊(きい)ロイ(演・勝地涼さん)、社長は善人なのか腹黒なのか掴みどころのない黒字(くろじ)寛太(演・大杉蓮さん)とクセモノ揃い。

そんな中で明辺は、制服のビジネススーツに赤いネクタイを渡され、腕っぷしはイマイチながら人助けへの情熱は誰にも負けない中年オヤジとして奔走することになるのです。

Sponsored Link

中村アンの『レンタル救世主』での役どころは?

つまり、この会社のメンバーは熱血中年の「あか」、ちょっとナルシストで腕が立つ「あお」、お調子者の「き」、作戦指揮の知恵袋「くろ」…と、戦隊ヒーローのような仕立てとなっているのです。

それでは中村アンさんは紅一点の「ピンク(もも)」…となりそうですが、この役回りは志田未来さん演じる百地(ももち)零子が務めます。

中村アンさんが演じるのは黒字社長の腹心の部下、美人秘書の秦野いろは。彼女だけ色の名前ではなく「いろは」と全色まとめて面倒見るような名前となっています。

そしてその名の通り、中村アンさん演じる秦野いろはは、美しい笑顔を見せながら超クールに過酷な指示をメンバーに与え、黒字社長とあうんの呼吸でミッションを成功に導いていきます。黒字社長を演じる大杉蓮さんがこれまでにない弾けっぷりで、その演技を受け中村アンさんも見事なコメディエンヌぶりを発揮しています。

中村アンの3つ目の当たりキャラ「超クールな美人秘書」は必見!

中村アンさんは『お義父さんと呼ばせて』でも美人秘書役を演じ、凛とした仕事のできる大人の女性ぶりがぴったりでした。今回の『レンタル救世主』では、それに加えて他のキャラクターの“おバカ”一歩手前の弾けっぷり(志田未来さん演じる百地も、本音がラップでないと喋れないという変な女の子)をビシッと締める超クールな美人秘書がハマり役となっています。

中村アンさんの「超クールな美人秘書」役は「毒舌・不潔キャラ」「かき上げ髪のカリスマモデル」に続く3つ目の当たりキャラとなりそうですね。

関連記事

中村アンに関連する記事はこちら
ドラマ「レンタル救世主」に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ