高良健吾の熊本での中学高校時代とは?プロフィールもご紹介

高良健吾さんは、朝ドラ『べっぴんさん』で演じるヒロインの幼なじみ「潔」同様“心までイケメン”とよく言われますが、その原点は熊本で過ごした中学高校時代にあったようです。高良さんのプロフィールと熊本との関わりをご紹介します。

Sponsored Link

熊本のタウン誌のモデル兼スタッフから若手実力派俳優へ

高良健吾さんは、現在、朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインすみれの幼なじみで、灯台のように彼女の人生に指針を与えていく重要な役どころ「潔(きよし)」を演じています。

高良健吾さんの芸能界入りのきっかけとなったのは熊本の高校生時代に地元タウン誌のモデルにスカウトされ、学生スタッフも兼任しながら編集部に出入りを始めたことです。

タウン誌副編集長に東京の芸能事務所を紹介され、高校卒業と同時に芸能界入り。2005年テレビドラマ『ごくせん』でデビュー後、主に映画を中心に活躍し、2011年には朝ドラ『おひさま』でヒロインの夫を演じて広くお茶の間にも名を知られるようになりました。

2013年には主演映画『横道世之介』でブルーリボン賞主演男優賞を受賞、今年2016年は1月~放送の月9に主演、夏までに4本の出演映画が公開されるという活躍。そして秋から二度目の朝ドラ出演ですから、若手実力派俳優の中でも1、2を争う存在感を放つ堂々のプロフィールです。

高良健吾

http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/25024796/

高良健吾の原点は中学高校時代を過ごした熊本

そんな高良健吾さんですが、実は少年時代は度重なる転校で内向的になってしまい、家にこもりがちの日々もあったそうです。そんな高良さんの心のふるさととなったのが、中学2年に引っ越した熊本です。転入した熊本市立江南中学校は、高良さん自身がブログで「2クラスしかなかったので、みんなかんなり仲良し」と語っており、一生の友人ができたようです。

そして高校は九州学院高等学校へ。高良健吾さんは高校卒業と同時に上京・芸能界入りしていますので、中学2年から高校卒業までの熊本で仲間たちとワイワイ過ごした5年間がまさに青春の宝物と言えるでしょう。芸能人になってからも、中学、高校の同窓会で楽しんだというブログ投稿が度々出てきます。

高良健吾公式ブログ
http://ameblo.jp/kengo-kora/

その仲間たちですが、高良健吾さんが遊ぶのはもっぱら男友達ばかりだったそうです。「転校初日に告白された」とか、「すれ違う女性が固まって見つめてきた」など中学高校時代からモテモテイケメンではありましたが、「女の子とどう話していいかもわからないし、僕のことを何も知らないのになぜ告白できるのか?」とモテても当惑するばかりだったとか。

今年の『さんまのまんま』に出演したときも、おみやげに同窓生の営む馬刺し店の馬刺しを持参するなど、中学高校時代を過ごした仲間たちとは今もいいお付き合いが続いているようですね。

高良健吾が心を痛めた“2つの震災”

高良健吾さんにとって、自ら「熊本わくわく親善大使」を務め、今年の3月4日には「くまもと映画プロジェクト」の一環として熊本を舞台に撮影された映画「うつくしいひと」にも出演していた特別なまち、心のふるさとである熊本が4月14日以降相次いで震災に見舞われました。

実はプロフィールを見ると、高良健吾さんと“震災”はもうひとつの因縁が見えてきます。高良さんがはじめて朝ドラに出演した『おひさま』はまさに2011年東北大震災直後の4月に放映開始され、避難所の人々の心を慰めましたが、高良さんのこのドラマのクランクインの日が3月11日でした。

1シーン撮り終えたところに大きな揺れが来て、高良さんは「このまま撮影を続けていてもいいのか」と悩んだそうです。男気の強い高良さんは、その後も被災した人々に心を寄せながら撮影に取組みました。

そして今年の4月14日に始まった熊本の震災。高良さんのご両親は福岡に転居されていましたが、高良さんはすばやく熊本の友人たちや恩師と連絡をとり、ブログを通じて熊本の人々を励まし続けました。

4月16日には、「大切な場所で感謝しかない場所で大好きな人達が住んでいる場所だから」「なにが今必要ですか?熊本のみなさん タイミングは見極めて動きます」「熊本の尊敬するところは隣にいる人を自然に自分の身内のように大切にできるところ」「その心の強さがみなさんの傍に常にありますように」と、振り絞るような応援のメッセージを連続投稿しています。

そして4月18日にはお忍びで熊本に飛び、恩師と連携を取りながら給水ボランティア活動を行ったのです。この一連の行動には地元熊本の人々は大いに喜び、また、山田孝之さんや新井浩文さんなど芸能界からも賞賛の声が寄せられました。

Sponsored Link

今後の活躍に多くの人々が期待!

高良健吾さんのプロフィールで、“心までイケメン”な高良さんらしさを形作ったのが熊本の中学高校時代であり、熊本愛を堂々と貫くその姿勢がさらに高良さんを魅力的にしています。

奇しくも、心のふるさと熊本が復興に動き始めた時期に『べっぴんさん』で2度目の朝ドラ出演となりましたが、高良健吾さん演じる「潔」役は、戦後の焼け跡の中から恩ある会社を不死鳥のようによみがえらせる役です。

“心までイケメン”な高良健吾さんの朝ドラ、そして今後の活躍は、人々に元気を与えてくれることでしょう。

関連記事

高良健吾に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ