蓮佛美沙子が朝ドラ べっぴんさんに出演!役どころは?

「べっぴんさん」でNHK朝の連続テレビ小説に初出演を果たした、女優の蓮佛美沙子さん。ここ最近ドラマでの活躍が目立つようになり、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

映画では2017年公開予定の「鋼の錬金術師」に出演が決まっており、ますます活躍の幅を広げています。そんな蓮佛美沙子さんの、ドラマでの役どころについてご紹介します。

Sponsored Link

「べっぴんさん」はどんなドラマ?

「べっぴんさん」は、「とと姉ちゃん」に続く、95作目となるNHK連続テレビ小説です。戦後焼け野原となった神戸で、主人公の「坂東すみれ」が、子供用品店を立ち上げるべく邁進する物語です。

子供服を中心に扱うアパレルメーカー「ファミリア」創業者、坂野惇子氏の半生をもとに、再構成したフィクションとなっています。ちなみに坂野惇子氏はレナウン創業者、佐々木八十八氏の娘で、ドラマでも坂東すみれの父、「坂東五十八」として登場します。演じるのは生瀬勝久さんです。

主演の坂東すみれ役は、2014年に同じくNHK朝ドラ「花子とアン」に出演経験のある、芳根京子さんが演じます。

芳根京子さんは、こんな豪華なキャストと一緒にやらせていただくのはとても緊張するが、クランクアップまで精いっぱい駆け抜けていきたい、と意気込みを語っています。
蓮佛美沙子

http://news.mynavi.jp/photo/news/2015/12/13/017/images/001l.jpg

蓮佛美沙子さんの役どころは?

蓮佛美沙子さんは、ヒロイン坂東すみれの姉、「坂東ゆり」を演じます。朝ドラは初出演ですが、主演級のかなり重要な役どころです。いつかは朝ドラに出てみたいとずっと思っていたそうで、思いがかなってとてもうれしいと語っています。

坂東ゆりは、勉強もスポーツも得意な、いわゆる優等生な姉です。ドラマの設定では、ゆりはすみれの3歳年上ですが、実際には蓮佛美沙子さんと芳根京子さんは6歳離れています。

しかも芳根京子さんは童顔で可愛らしい顔で、19歳という年齢よりも若く見えるのに対して、蓮佛美沙子さんは大人っぽい顔をしているため、この3歳年上の姉という役どころを、どうこなしていくのかも見どころです。

Sponsored Link

このドラマは神戸が舞台のため、セリフは全て関西弁なのが不安だそうです。しかし、共演の生瀬勝久さんは、神戸にほど近い兵庫県西宮市の出身なので、彼から指導を受けながら、関西弁をがんばりたいと語っています。

出演者どうしの仲もいいようで、芳根京子さんのブログで、蓮佛美沙子さん、高良健吾さんと3人で、仲むつまじく写っているオフショットもアップされており、ファンからコメントがたくさん寄せられています。

蓮佛美沙子さんがどんな演技をみせてくれるのか、注目したいところです。

関連記事

蓮佛美沙子に関連する記事はこちら
ドラマ「べっぴんさん」に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ