蓮佛美沙子出演のおすすめドラマは?演技力を大物監督が認めた!

ここ最近ドラマ出演が増えてきて注目されている、女優の蓮佛美沙子さん。素朴で女性らしい魅力で、男性からも女性からも人気が高いです。

今回は、最近蓮佛美沙子さんを知って、彼女の作品を観てみたいという方のために、おすすめ作品をご紹介します。そして、蓮佛美沙子さんのブレイク前に、あの大物監督が彼女の演技力を絶賛していたエピソードもご紹介しましょう。

Sponsored Link

おすすめドラマは「37.5℃の涙」

蓮佛美沙子さんが主演したドラマで一番新しいのは、2015年に放送された「37.5℃の涙」です。単発のドラマでは過去にもいくつか主演していたのですが、連続ドラマの主演はこの作品が初めてです。

このドラマで蓮佛美沙子さんは、感情表現が下手な保育士を演じています。原作は同名タイトルの少女漫画で、蓮佛美沙子さんは漫画の主人公に似せるために、トレードマークだったロングヘアをばっさり切りました。蓮佛美沙子さん出演のドラマとしては、やはりこの作品がおすすめです。

加えて今年(2016年)は、10月3日から放送しているNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演中です。2017年4月まで放送される予定なので、これも見逃せません。

蓮佛美沙子

http://news.mynavi.jp/photo/news/2015/12/13/017/images/001l.jpg

大林宣彦監督が演技力を絶賛

蓮佛美沙子さんの演技力を高く評価しているのが、映画監督の大林宣彦さんです。蓮佛美沙子さんは、2007年に大林宣彦監督作品「転校生 -さよなら あなた-」に主演しました。このとき大林宣彦監督が、蓮佛美沙子さんの演技をとてもほめてくれたそうです。

大林宣彦監督は、蓮佛美沙子さんの演技について、「情熱的であると同時に冷静に客観視して分析している」と評価し、「20年に1人の逸材」とまでいっています。

実際、蓮佛美沙子さんはこの作品で、「第81回キネマ旬報ベスト・テン日本映画新人女優賞」と「第22回高崎映画祭最優秀新人女優賞」を受賞しました。

Sponsored Link

大林宣彦監督の目に狂いはなかったといえますし、彼女の実力を見抜いていたからこそ、魅力をより引き出す作品を撮ることができて、それが受賞につながったともいえるのではないでしょうか。

蓮佛美沙子さんはこの作品が女優として3作目で、過去の2作ではかなりダメ出しをされ、「女優に向いていないかも」と落ち込んでいたそうです。

そんなときに大林宣彦監督に演技を絶賛されて、とても励みになったそうです。自分の実力を信じて、10年間こつこつと女優業を続けてこれたのも、大林宣彦監督の言葉があったからなのかもしれません。

関連記事

蓮佛美沙子に関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ