中村アンは実家が裕福なお嬢様育ち?父親の職業は?

モデルだけでなく、タレントとしても活躍している中村アンさん。毒舌キャラといわれる個性的なキャラクターや、抜群のスタイルと、かきあげ前髪が似合う整ったルックスで、同性からも人気が高いです。

そんな中村アンさんは、実家が裕福なお嬢様だといわれています。今回は、中村アンさんの実家は本当に裕福なのか、お嬢様なのかについて検証したいと思います。

Sponsored Link

私立のお嬢様学校出身

中村アンさんの学歴は、中学高校が目白学園、そして大学が東洋英和女学院です。どちらも私立の、いわゆるお嬢様学校の出身です。中学時代はカナダに短期留学していました。

東洋英和女学院は、2014年に放送されたNHK連続テレビ小説「花子とアン」の、主人公の母校として登場した大学です。ドラマは明治から昭和初期を舞台にしており、長い伝統のある学校であることがうかがえます。

学費も年150万ほどかかるといわれており、ある程度裕福な家庭でないと通えない学校です。

中村アン

http://talent.platinumproduction.jp/nakamuraanne

実はサラリーマン家庭?

このような学歴なので、中村アンさんがお嬢様であるという噂が出てきたのだと思われます。実際学費が高い学校なので、少なくともそれが払える程度には、親の収入が高い家庭であることは間違いありません。

中村アンさんの父親は、一般の方のため詳しいことは不明ですが、IT企業に勤めている会社員だといわれています。

会社員なら飛び抜けて収入が多いということはないでしょうが、東洋英和女学院の学生の家庭の平均年収は、約1000万円といわれており、父親の収入は会社員の中では多いほうである可能性が高いです。

実は収入はあまり多くなく、ご両親ががんばって家計をやりくりして、中村アンさんをお嬢様学校へ通わせたという可能性もありますが、このあたりの真相は確かめようがありません。

Sponsored Link

古風な名前はお嬢様の証?

中村アンさんがお嬢様かどうかについて一つ気になるのが、彼女の名前です。中村アンさんの本名は「中村友子」といいます。「友子」という名前は、現代の女性の名前としては、かなり古風な名前です。

最近はいわゆるキラキラネームと呼ばれる、個性的な名前が増えていますが、親が社会的地位の高い人物の場合、オーソドックスで古風な名前を好む傾向があります。

中村アンさんの友子という本名も、もしかしたらお嬢様育ちであることの証なのかも知れません。

やはりお嬢様育ちだった?

結論として、中村アンさんの実家が裕福かどうかについて、確かなことは言えません。しかし、資産家のような大金持ちではないものの、それなりに裕福な家庭だと思われます。学歴は間違いなくお嬢様学校なので、やはり中村アンさんの育ちはいいといえそうです。

関連記事

中村アンに関連する記事はこちら

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ