コピーフェイス ドラマの原作本はサンドラ・ブラウンの小説!

Sponsored Link

2016年11月スタートのドラマ「コピーフェイス~消された私~」(NHK)の原作本は、サンドラ・ブラウンの小説「コピーフェイス: 消された私」です。

小説「コピーフェイス: 消された私」とは?

1990年アメリカで発売された小説。日本では1994年2月に『私でない私』のタイトルで新潮文庫より刊行されました。

その後、タイトルを『コピーフェイス:消された私』と改題して2016年10月28日に再度発売されます。

「コピーフェイス: 消された私」のあらすじは?

TVリポーターのエイブリーは飛行機墜落に遭遇し大怪我を負います。収容された病院で、上院議員候補夫人と間違われ夫人の顔そっくりに修復されます。

目覚めた彼女の頭には「夫を殺す」という言葉が記憶されておりました。その謎を解くべく、そのまま夫人になりすまします。

「コピーフェイス: 消された私」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:サンドラ・ブラウン
生年月日:1948年3月12日
年齢:68歳
最終学歴:テキサスクリスチャン大学中退
デビュー作:-
受賞歴:国際スリラー作家の協会によって与えられる最高賞「スリラーマスター」

この他のおすすめ作品は?

電子書籍(英語版のみ)

紙の本

関連記事

ドラマ「コピーフェイス~消された私~」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ