有岡大貴は元子役だった!どんな作品に出演していたの?

Sponsored Link

「Hey!Say!JUMP」のメンバーで、小柄な体格や天然な性格で愛されキャラとして人気の有岡大貴さん。「ヒルナンデス!」にレギュラー出演しているので、Hey!Say!JUMPのファンでなくとも、知っている方は多いのではないでしょうか。

2007年にHey!Say!JUMPに加入してから長らく活動していますが、実は加入以前から子役として活動していたのはご存知でしょうか。

ファンなら知っていて当たり前のことかも知れませんが、知らなかった方のために、今回は有岡大貴さんの子役時代の活動についてご紹介します。

子役としてドラマに出演

有岡大貴さんは2000年、9歳のときにドラマ「リミット もしも、わが子が…」に出演して以降、いくつものドラマに子役として出演しています。「百獣戦隊ガオレンジャー」や「はみだし刑事情熱系VI」など、有名ドラマにも出演していますので、知らなかった方は出演シーンをチェックしてみるのも楽しいでしょう。

「リミット もしも、わが子が…」では安田成美さんと共演し、そして2005年のドラマ「エンジン」では木村拓哉さんと共演しています。他にも佐藤浩市さんや阿部寛さんなど、数々の大物俳優と共演していました。

有岡大貴さんはHey!Say!JUMP加入以降も、「金田一少年の事件簿」や「掟上今日子の備忘録」といった人気ドラマに出演し、安定した演技力をみせています。この演技力は子役時代の経験が活かされているといえるでしょう。

当時から演技力は光っていた

有岡大貴さんのデビュー作となった「リミット もしも、わが子が…」は、誘拐されて臓器売買のブローカーに売り渡され、犯人たちから虐待をうけるといった、かなりハードな役どころでした。

このドラマを観た視聴者の方のブログで、「この貴之(有岡大貴さんのこのドラマでの役名)役の子、非常に演技が上手い!」という記事が書かれるなど、その演技力は当時から光っていたようです。

このブログを書いた方は当然、この男の子が有岡大貴さんだとは知らないはずですから、純粋に演技を観て評価したものだといえるでしょう。

Sponsored Link

兄の影響で芸能界入り

有岡大貴さんには5歳年上のお兄さんがいるのですが、そのお兄さんも子役として活動していました。その影響で有岡大貴さんも芸能活動を始めたということです。

お兄さんは現在は芸能界を引退しているため、どういう作品に出ていたのかなど詳しいことは分かりません。しかし有岡大貴さんが芸能活動に興味をもち、結果的にHey!Say!JUMPのメンバーになるきっかけとなった人物だといえるでしょう。

関連記事

有岡大貴に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ