水崎綾女さんはサバゲー(サバイバルゲーム)が趣味って本当?

Sponsored Link

実写版「進撃の巨人」など、数々の映画やドラマで活躍している、女優の水崎綾女さん。激しいアクションシーンから、セクシー女性役もこなせる演技の幅広さで人気ですが、そんな彼女の意外な趣味が話題になっています。

また、その他のプロフィールや過酷なダイエット体験など、水崎綾女さんの気になる情報についてもまとめました。

水崎綾女さんってどんな子?

水崎綾女さんは1989年生まれの現在27歳、兵庫県神戸市出身です。2004年にホリプロタレントスカウトキャラバンでベストグラビア賞を受賞し、芸能界デビューしました。

当時のキャッチコピーは「平成生まれのFカップ」で、現在の女優、タレントというイメージより、グラビアメインのセクシー路線だったことがうかがえます。

その後は多数の映画やドラマに出演し、女優として活躍しています。今年7月には結婚を発表して話題になりました。

2007年にドラマ「キューティーハニー THE LIVE」に出演したのをきっかけにアクションに目覚め、日々練習を積んでいるそうです。

「サバゲー」って何?

「サバゲー」とはサバイバルゲームの略です。サバイバルゲームとは戦争を模したゲームのことで、山の中などでBB弾のエアガンを使って敵味方に分かれて撃ち合い、敵を全滅させたら勝ちというゲームです。

サバゲーは男性のほうが競技人口が多いですが、水崎綾女さんはサバゲーが大好きだそうで、プライベートでもよく遊んでいるそうです。ブログでは迷彩服やレザースーツ姿で銃を構える写真がアップされています。

水崎綾女さんが初めてサバゲーに参加したのは2013年で、友人に誘われたのがきっかけだそうです。今ではサバゲーの専門誌から仕事がくるほどハマっているそうです。

水崎綾女さんはもともとスキューバダイビングが好きで、こういうアウトドアな趣味は肌に合っていたのかもしれません。

また、「モンスターハンター」などの武器で敵を倒すゲームも好きだそうで、このへんからも、やはりサバゲー好きになる素地はあったことがうかがえます。

Sponsored Link

1か月で10キロもやせた!?

水崎綾女さんといえば、2013年に主演した映画「ユダ -Judas-」の役作りのために、1か月で10キロダイエットしたという逸話があります。

もともと少しぽっちゃり体型で、体重が60キロ近くあったそうです。「伝説のキャバクラ嬢」といわれる「立花胡桃」こと中田絵里香役を演じるために、40キロ台まで体重を落としたそうです。

野菜スープ以外何も食べないという、かなり無理のあるダイエット方法で、本人も「おすすめはできない」と語っています。

関連記事

水崎綾女に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ