とげ(ドラマ)の原作本は山本甲士の同名の人気小説です!

Sponsored Link

2016年10月スタートのドラマ「とげ」(フジテレビ系列)の原作本は、山本甲士同名の人気小説です。

小説「とげ」とは?

『どろ』『かび』に続く、山本甲士さんの巻き込まれ型小説の決定版です。ドラマでは主人公の田辺誠一さんの演技に注目が集まっています。

「とげ」のあらすじは?

倉永晴之は南海市役所で中間管理職の係長を務めています。南海市は巨大ワニの化石が発掘されたことで一躍有名になりますが晴之の心は晴れません。

市内の公園で本物のワニが泳いでるという騒ぎに巻き込まれ、残業して家に帰ったら自家用車のタイヤの空気が抜かれています。さらに、職場では上司の不祥事が発覚。

晴之は不幸の連鎖からどう脱出するのか。

「とげ」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:山本甲士(やまもとこうし)
生年月日:1963年
年齢:-
最終学歴:-
デビュー作:ノーベイン・ノーゲイン
受賞歴:第16回横溝正史ミステリ大賞/第13回小川未明文学賞/第1回チュンソフト小説大賞金賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「とげ」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ