光宗薫の絵画がプロ級 ボールペン画のイラストがすごい!

Sponsored Link

光宗薫さんは元AKB48のメンバーで、現在はモデルなどで活躍しています。そして最近は彼女の描く絵がプロ級にうまいというのが話題になっています。どんな絵を描くのか、または話題になった経緯など、光宗薫さんの絵についての情報をまとめました。

光宗薫さんてどんな子?

まずは光宗薫さんを知らない方のために、簡単なプロフィールを紹介します。光宗薫さんは1993年愛媛県生まれの23歳です。親の転勤で各地を転々とした後大阪に落ち着き、その後学生時代をずっと大阪で過ごします。光宗薫さんは愛媛生まれですが、関西人というイメージが強いのではないでしょうか。

2011年に神戸コレクションモデルオーディションでグランプリを受賞したのをきっかけに芸能界入りします。同時にAKB48に加入して、アイドルとして活動を始めます。

しかし翌2012年に体調不良でAKB48を脱退すると、メディアにほとんど姿を現さなくなりました。芸能界を引退したかといわれていましたが、2014年から再び活動を再開、現在はモデル、女優として活躍しています。

「プレバト!!」で画力が話題に

光宗薫さんの画力がすごいのが一般にも認知されたのが、今年7月に放送された「プレバト!!」です。この番組で自身が描いた絵を披露したときに、その絵がうますぎると話題になりました。

横浜みなとみらいを描いた風景画だったのですが、専門家からも「鳥肌立ちました」「土俵が違う」と満点評価をもらっていました。

リアルなタッチが特徴

光宗薫さんが描く絵は、ボールペンで蝶やムカデなどの虫や昆虫をリアルなタッチで描いたものが多く、最初見たときは正直ちょっと気持ち悪いと感じる絵柄が特徴です。クール系の美少女という光宗薫さんのイメージとはかなりギャップがあります。

ファンの間では有名だった

「プレバト!!」で絵の才能が話題になった光宗薫さんですが、ファンの間では以前から彼女の絵のうまさは有名でした。

2013年に「スーパー劣等生」という個展を開催し、今年は「アリスと時間のアート展」に作品を出展するなど、絵の活動は以前からしていました。

ツイッターなどにもしばしば描いた絵をアップしており、彼女が描いたたくさんの絵を見ることができます。

絵は独学で習得

光宗薫さんは「プレバト!!」で、絵は趣味で独学でずっと描いており、専門的な教育は受けていないと語っています。学生時代はバレエや陸上などをやっていたそうです。

しかし独学といえど絵はほぼ毎日練習しており、画廊に足を運んだり、画集を買ったりして日々勉強しているそうです。

関連記事

光宗薫に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ