東京タラレバ娘(ドラマ)の原作本は東村アキコの漫画です!

Sponsored Link

2017年1月スタートのドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ)の原作本は、東村アキコの同名の漫画です。

漫画「東京タラレバ娘」とは?

講談社の漫画雑誌「Kiss」に掲載、その後、Kissコミックスよりコミック化、単行本として発売されているほか、電子書籍も配信されています。

累計発行部数180万部を超えた大ヒット作。現在も連載中の人気作品です。単行本は2016年9月現在第6巻まで刊行されています。

「東京タラレバ娘」のあらすじは?

自分にはそこそこ自信を持つアラサ―倫子。同年代と比較しても、それほど劣ってはいないはず。なのに未だにシングル。

もっと~ならば。~れば。と「タラレバ」を繰り返してきたが、気付けば周りはいつの間にか結婚。今更ながら本気で婚活。悪戦苦闘の日々が始まります。

「東京タラレバ娘」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:東村アキコ(ひがしむらあきこ)
生年月日:1975年10月15日
年齢:40歳
最終学歴:金沢美術工芸大学美術科卒業油絵専攻
デビュー作:フルーツこうもり
受賞歴:このマンガを読め!2009 1位/第34回講談社漫画賞/第6回ananマンガ大賞 大賞/第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門 大賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「東京タラレバ娘」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ