校閲ガール ドラマのキャストや主題歌・原作をご紹介します!

Sponsored Link

2016年10月スタートのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ)のキャスト出演者情報、主題歌や原作の他、ホットな話題も合わせてご紹介します。

目次

「校閲ガール」のキャスト出演者情報

石原さとみ(いしはらさとみ) / 河野悦子(こうのえつこ) 役

生年月日:1986年12月24日
年齢:29歳
身長:157cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

創価高校卒業

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

第27回ホリプロスカウトキャラバンの『ピュアガール2002』グランプリ受賞したことをきっかけに本格的に女優としてデビュー。

役柄

ファッション編集者を目指して出版社に入社したものの、地味な校閲部に配属されてしまうが持ち前のポジティブさで仕事をしていく。

関連記事

石原さとみに関連する記事はこちら

本田翼(ほんだつばさ) / 森尾登代子(もりおとよこ) 役

生年月日:1992年06月27日
年齢:24歳
身長:166cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

東京都立新宿山吹高等学校卒業

家族・親戚

婚姻歴

未婚

芸能界デビュー

スカウトされた事をきっかけに「Seventeen」の専属モデルとして、2006年にモデルデビュー。

役柄

河野悦子の高校の後輩であり、会社の同僚。超地味な「校閲部」に配属された河野悦子が憧れている「ファッション編集部」所属です。

関連記事

本田翼に関連する記事はこちら

江口のりこ(えぐちのりこ) / 藤岩りおん(ふじいわりおん) 役

生年月日:1980年04月28日
年齢:36歳
身長:170cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

家族・親戚

婚姻歴

未婚

芸能界デビュー

劇団東京乾電池のオーディションを受けた事がきっかけで研究生になり、2000年に入団。2002年、映画「金融破滅ニッポン 桃源郷の人々」で女優としてデビュー。

役柄

河野悦子の所属する出版社の校閲部の先輩社員。

関連記事

江口のりこに関連する記事はこちら

足立梨花(あだちりか) / 今井セシル(いまいせしる) 役

生年月日:1992年10月16日
年齢:23歳
身長:162cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

日出高校卒業

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

父が応募した2007年の第32回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得しました。

役柄

関連記事

足立梨花に関連する記事はこちら

伊勢佳世(いせかよ) / 波多野望(はたののぞむ) 役

生年月日:1981年05月30日
年齢:35歳
身長:164cm
体重:47kg
血液型:B型

最終学歴

法政大学人間環境学部卒業

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

劇団俳優座公演に出演したことがきっかけです。

役柄

悦子がファッション雑誌編集者になりたいという理由で配属を希望していたファッション部の雑誌『Lassy』を手掛ける雑誌部副編集長。

関連記事

伊勢佳世に関連する記事はこちら

曽田茉莉江(そだまりえ) / 佐藤百合(さとうゆり) 役

生年月日:1992年04月27日
年齢:24歳
身長:157cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

第10回美少女コンテストに出場後、「美少女クラブ31」というアイドルグループの2期メンバー且つ最年少メンバーとしてデビューしました。

役柄

河村悦子が働く出版社の受付嬢。

関連記事

曽田茉莉江に関連する記事はこちら

麻生かほ里(あそうかおり) / 坂下梢(さかしたこずえ) 役

生年月日:1967年06月26日
年齢:49歳
身長:161cm
体重:-
血液型:B型

最終学歴

共立女子短期大学卒業

家族・親戚

婚姻歴

既婚

芸能界デビュー

日本銀行勤務を辞め女優活動を開始しました。

役柄

関連記事

麻生かほ里に関連する記事はこちら

芳本美代子(よしもとみよこ) / 亀井さやか(かめいさやか) 役

生年月日:1969年03月18日
年齢:47歳
身長:158cm
体重:45kg
血液型:B型

最終学歴

明治大学付属中野高校定時制卒業

家族・親戚

婚姻歴

金山一彦(俳優)/1996-2013年

芸能界デビュー

1983年に出場した第5回福岡音楽祭・新人登竜門ビッグコンテストを見た芸能関係者からスカウトされデビュー。

役柄

景凡社「Lassy」編集長。

関連記事

芳本美代子に関連する記事はこちら

Sponsored Link

菅田将暉(すだまさき) / 折原幸人(おりはらゆきと) 役

生年月日:1993年02月21日
年齢:23歳
身長:176cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

大阪府立池田高校卒業

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、グランプリは獲れなかったものの、現在の事務所トップコートに所属することが決定しました。ドラマ「仮面ライダーW」でデビュー。

役柄

大学生で、実は作家の是永是之。モデルとしてスカウトされます。

関連記事

菅田将暉に関連する記事はこちら

和田正人(わだまさと) / 米岡光男(よねおかみつお) 役

生年月日:1979年08月25日
年齢:37歳
身長:172cm
体重:55kg
血液型:O型

最終学歴

日本大学文理学部体育学科卒業

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

D-BOYSオーディションで、審査員特別賞を受賞し、D-BOYSに加入。ミュージカル「テニスの王子様」の千石清純役で俳優デビュー。

役柄

河野悦子と同じ、校閲部員の一員。

関連記事

和田正人に関連する記事はこちら

田口浩正(たぐちひろまさ) / 尾田大将(おだだいすけ) 役

生年月日:1967年10月08日
年齢:48歳
身長:180cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

東福岡高等学校卒業 

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

1988年、高校時代の同級生でお笑い芸人のイモ洗い坂係長と東京のショーパブで出会ったことをきっかけに、「テンション」というコンビを結成。コンビ活動は休止しますが、1992年より俳優業に専念し現在に至る。

役柄

河野悦子の家の下で、おでん屋を営む大将。

関連記事

田口浩正に関連する記事はこちら

松川尚瑠輝(まつかわなるき) / 青木祥平(あおきしょうへい) 役

生年月日:1991年09月20日
年齢:25歳
身長:172cm
体重:-
血液型:AB型

最終学歴

日本大学芸術学部卒業

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

2歳のころ子役を始めたのがきっかけです。

役柄

関連記事

松川尚瑠輝に関連する記事はこちら

杉野遥亮(すぎのようすけ) / 正宗信喜(まさむねのぶよし) 役

生年月日:1995年09月18日
年齢:21歳
身長:185cm
体重:-
血液型:-

最終学歴

家族・親戚

婚姻歴

未婚

芸能界デビュー

第12回「FINEBOYS専属モデルオーディション」でグランプリを獲得し雑誌モデルとなります。その後、事務所TOP COATに所属し芸能界デビューしました。

役柄

関連記事

杉野遥亮に関連する記事はこちら

ミスターちん(みすたーちん) / 東山(ひがしやま) 役

生年月日:1963年10月17日
年齢:52歳
身長:160cm
体重:-
血液型:A型

最終学歴

大阪府立牧野高等学校卒業後,新宿鍼灸柔整専門学校夜間部卒業

家族・親戚

婚姻歴

一般女性(会社員)/2006年-現在

芸能界デビュー

ダンサー、ミュージカル役者志望で、トレーニングも兼ねてショーパブで働きながら役者を目指し劇団四季のオーディションなども受けていました。その後、コントグループ「B21スペシャル」を結成しお笑い芸人としてデビューしました。

役柄

関連記事

ミスターちんに関連する記事はこちら

長江英和(ながえひでかず) / 西田(にしだ) 役

生年月日:1958年09月09日
年齢:58歳
身長:192cm
体重:92kg
血液型:B型

最終学歴

愛知学院大学商学部商学科中退

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

1980年初頭からドラマや映画で活躍するようになりました。

役柄

関連記事

長江英和に関連する記事はこちら

店長松本(てんちょうまつもと) / 北川(きたがわ) 役

生年月日:1973年04月13日
年齢:43歳
身長:183cm
体重:68kg
血液型:-

最終学歴

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

役柄

関連記事

店長松本に関連する記事はこちら

高橋修(たかはしおさむ) / 目黒真一郎(めぐろしんいちろう) 役

生年月日:1954年07月22日
年齢:62歳
身長:175cm
体重:-
血液型:-

最終学歴

家族・親戚

婚姻歴

芸能界デビュー

三宅裕司さんが主宰する劇団スーパーエキセントリックシアターに所属し,デビューは舞台・名探偵丸越万太シリーズ第2弾「ヤァ!ヤァ!ヤァ」です。

役柄

関連記事

高橋修に関連する記事はこちら

鹿賀丈史(かがたけし) / 本郷大作(ほんごうだいさく) 役

生年月日:1950年10月12日
年齢:66歳
身長:180cm
体重:70kg
血液型:O型

最終学歴

石川県立金沢二水高等学校卒業

家族・親戚

婚姻歴

一般女性/1980年-現在

芸能界デビュー

1972年、劇団四季への入団オーデイションを受け合格したことがきっかけです。

役柄

河野悦子が担当する日本ミステリー界の大御所作家。

関連記事

鹿賀丈史に関連する記事はこちら

青木崇高(あおきむねたか) / 貝塚八朗(かいづかはちろう) 役

生年月日:1980年03月14日
年齢:36歳
身長:185cm
体重:-
血液型:AB型

最終学歴

大阪府立八尾高等学校卒業後グラフィックデザインの専門学校卒業

家族・親戚

妻:優香(マルチタレント)

婚姻歴

優香(マルチタレント)/2016年-現在

芸能界デビュー

友人の勧めで事務所の面接を受け合格。映画『マッスルヒート』で俳優デビューしました。

役柄

河野悦子の働く出版社の文芸部編集者。売れっ子で、校閲部をバカにしています。悦子とはそりが合いません。

関連記事

青木崇高に関連する記事はこちら

岸谷五朗(きしたにごろう) / 茸原渚音(たけはらなおと) 役

生年月日:1964年09月27日
年齢:53歳
身長:175cm
体重:-
血液型:O型

最終学歴

中央大学商学部中退

家族・親戚

妻:岸谷香(歌手)

婚姻歴

岸谷香(歌手)/1996年-現在

芸能界デビュー

中央大学商学部に在学中の1983年に、三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団し、俳優デビューする。

役柄

河野悦子が所属する校閲部の部長。

関連記事

岸谷五朗に関連する記事はこちら

Sponsored Link

「校閲ガール」の主題歌・音楽情報

主題歌

アーティスト:栞菜智世(かんなちせ)
楽曲名:Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(ヘブンズドアー ~ひのあたるばしょ~)
発売日:2016年11月9日

石原さとみさん演じる河野悦子は、オシャレ大好き女子。華やかなファッション誌編集者に憧れて入社したものの、地味な校閲部へとまわされます。

そんな境遇に置かれても前向きに頑張る彼女の姿を通して、夢破れて厳しい現実を生きる人々に力と勇気を与えてくれるドラマです。

栞菜智世さんの歌声は、透き通るような透明感があり、ポジティブなドラマに更にパワーを与えてくれるようです。

ノリが良くポップで明るい楽曲。前向きに頑張る女子の応援ソングにふさわしい曲になっています。

「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」を購入する
Amazon CD

Amazon MP3

iTunes

Heaven’s Door ~陽のあたる場所~
栞菜智世
J-Pop
¥250

「栞菜智世」とは?
活動期間

2016年3月~

音楽性

幼少期から母親が好きだった、カーペンターズやマライア・キャリーの歌を聴きながら育ちました。歌うことが大好きで、人前で歌っては周囲に褒められることに喜びを感じるような少女期を過ごしたそうです。

大学生に入ると歌うことへの思いは強くなり、自らホリプロスカウトキャラバンのオーディションに応募、見事グランプリ受賞し歌手デビューのキッカケを手にします。その後、路上ライブを経て、映画「僕だけがいない街」の主題歌「Hear ~信じあえた証~」でメジャーデビューを果たします。

路上ライブの経験は、彼女のその後の歌手活動に大きな影響を与え、「人に届く歌を歌いたい」と強く思うようになります。デビュー曲は、歌手・YUKIや中島美嘉さんなどを手がける音楽プロデューサー玉井健二さんがサウンドプロデュースという話題の楽曲です。

その時、玉井健二さんは「初めて知る痛みのような感触と、ずっと待ち焦がれていたような響きが混在する掛け値なく唯一無二と呼べる歌声」と褒め称えているように、これまでにないような、けれどどこか懐かしさがある歌声で、多くのファンを惹きつけています。

お薦めソング
Amazon CD

Amazon MP3

iTunes

Blue Star
栞菜智世
J-Pop
¥250

Hear ~信じあえた証~
栞菜智世
J-Pop
¥250

「校閲ガール」の原作・原案情報

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の原作本は、宮木あや子の小説「校閲ガール」です。

小説「校閲ガール」とは?

人気作家、宮木あや子さんの「校閲ガール」が、2016年10月スタートの日テレ新水曜ドラマとしてドラマ化されます。

原作となる本作は、すでにシリーズとして2冊が発売されています。

宮木あや子さんの作品といえば、吉原の花魁をモチーフにするなど時代小説の人気が高いですが、こちらは現在の働く女性を応援するお仕事エンタメとなっています。

「校閲ガール」のあらすじは?

おしゃれが大好きな主人公、河野悦子はファッション編集者を目指して出版社に就職します。

しかし、「こう」の「えつ」こという名前が「それっぽい」という理由で実際に配属されたのは地味な校閲部。一見地味な校閲という仕事に、河野悦子が本気で立ち向かう最強のワーキングガールズエンタメです。

「校閲ガール」を購入する
Amazon 電子書籍

Amazon 紙の本

著者紹介

作者名:宮木あや子(みやぎあやこ)
生年月日:1976年11月4日
年齢:40歳
最終学歴:-
デビュー作:花宵道中
受賞歴:第5回R-18文学賞大賞/第5回R-18文学賞読者賞

この他のおすすめ作品は?
Amazon 電子書籍

Amazon 紙の本

ホットな話題

和田正人がドラマ 地味にスゴイ!校閲ガール でオネエ疑惑?

和田正人さんは現在「地味にスゴイ!」でヒロインの同僚・米岡を演じています。米岡は、柔らかすぎる物腰や、年下の男性に片想いしているらしき言動もチラ見せしつつ簡単には正体を見せない「オネエなのか?違うのか?」気になる乙女系男子。和田正人さんのプロフィールと、クセのある同僚・米岡についてまとめました。

「地味にスゴイ!」出演中・和田正人さんの経歴がすごい!

石原さとみさん主演「地味にスゴイ!~校閲ガール・河野悦子~」で、ヒロインの同僚役を演じる和田正人さん。

和田正人さんといえば、若手男性俳優集団D-BOYS(かつて城田優さんが所属、現在も瀬戸康史さんらが所属)の最年長メンバーですが、広くお茶の間に名前を知られたのは、朝ドラ「ごちそうさん(2013)」でヒロインの幼なじみで天満天神市場の元気なお肉屋さん「源太」役ではないでしょうか。

その後、バラエティ番組などで、かつて箱根駅伝ランナーであったことが注目されます。

和田正人さんは、元々は中学駅伝で活躍し、陸上競技の推薦で高知県立高知工業高校、日本大学文理学部体育学科に進学、大学陸上競技部で箱根駅伝に出場、主将も務め、NECの陸上部入り、という筋金入りのアスリート人生を送っていました。

ところが社会人2年目に会社の陸上部が経費削減で廃部となり、そこから一念発起して俳優をめざしたこと、そのとき年齢をごまかしてオーディションを受けたこと、「ミュージカル テニスの王子様」でデビューし人気が出たばかりに年齢詐称を謝罪する羽目になったこと…など波乱万丈のユニークな経歴が世間を驚かせ、和田正人さんといえば役柄も素顔もヤンチャで活発な男らしい人、というイメージが強く印象づけられていました。

「地味にスゴイ!」は猪突猛進女子のお仕事ドラマ!

ところが、この秋~冬クール放送の「地味にスゴイ!」での和田正人さんの役どころは、それまでの和田さんのイメージとは正反対の柔らかくフェミニンな乙女男子で、そのギャップがまたまた世間を驚かせました。最初は和田さん、とわからなかった人も多かったようです。

そもそも、「地味にスゴイ!」は日テレ好評の「お仕事ドラマ」枠に、今女性雑誌等で一番人気の石原さとみさんを主演に送り込んだ今期一、二を争う注目ドラマ。

ファッション雑誌編集者を夢見るヒロイン悦子が地味な校閲部に配属されても自分の仕事にこだわりを持って様々な難関にぶち当たって突破していく爽快感が人気を呼んでいます。

石原さとみさん演じる悦子の猪突猛進ぶりと、筋が通らないときにズバッと物申すところは、昔の少年マンガの男性ヒーロー顔負けのかっこよさなのです。

そこで、このドラマではヒロインを脇で支える同僚として、江口のりこさん演じるクールな達人系仕事女子と、和田正人さん演じる人当り柔らかで聞き上手の乙女系男子を投入。

和田正人さんは、やんちゃで暴れ馬のような、美しくも雄々しいヒロイン・悦子の愚痴を柔らかく受け止めて悦子が頭を冷やす時間をつくってくれる役どころなのです。

米岡の乙女男子ぶりにオネエ疑惑も!?

和田正人さん演じる乙女系男子・米岡は、職場では普通のビジネスカジュアルですが、好きな作家さんのファンパーティーなどでは帽子からショートパンツのスーツまでキュートな男の子ファッションキメキメで現れたり、言動のそこここに女性っぽいところがあったりで、「乙女を超えて、オネエでは?」との疑惑の声もあがっています。

さらに、物語中盤にかけては、米岡が校閲部に仕事で出入りする印刷業者の若手爽やかイケメンに片想いしているのでは?と思わせるシーンもあり、しかしコテコテのオネエ演技には走らず微妙なラインで踏みとどまる和田正人さんの演技が絶妙で、視聴者はヒロインの暴れっぷりだけでなく米岡の動静にもつい注目してしまいます。

米岡の気になる相手は、プロレス好きの素朴な若者で、米岡が自分の兄に似ているので親近感を抱いているだけ。そのことを米岡も充分すぎるほどわかっているようです。

しかし、ヒロイン・河野悦子も、米岡の片想いに気づいてしまっているフシがあり、悦子が余計なお世話をしてしまったら、また大騒ぎになりそうです。

米岡の地味な恋の行方にも注目!

そんな波乱の予感も感じさせつつ、「地味にスゴイ!」はそろそろシリーズの折り返し点。

石原さとみさん演じるヒロイン・悦子は、最初は気が乗らなかった校閲の仕事の面白みも感じ始め、一目ぼれの幸人(演・菅田 将暉)ともどうやら両想い。しかし、思わぬことが発覚、自分のことでいっぱいいっぱいの状態です。

しかし、そんな中でも余計なおせっかいをしてしまうのが校閲ガール・河野悦子。米岡の片想いもそのまま放っておくことはなさそうです。

米岡の相手は男性を恋愛対象とは見ないタイプのようなので、大変デリケートな問題ですが、ヒロイン悦子はどう対処するのか?そしていつも悦子をやさしく見守ってくれる乙女系男子・米岡をハッピーにしてあげることができるのか?

なによりこの微妙な状況を、和田正人さんがどう演じ切るのか?今後の「地味にスゴイ!」はそのあたりにも注目すると、二倍三倍と楽しめるのではないでしょうか。

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ