斎藤工が2015年4月のドラマ「医師たちの恋愛事情」に出演!

Sponsored Link

斎藤工が医者に

斎藤工(さいとうたくみ)さんが4月9日スタートのフジテレビ系連即ドラマ「医師たちの恋愛事情」で熱血外科医を演じます。

また同じくフジテレビ系列「さんまのまんま」にも出演します。こちらではドラマの裏話なども聞けるかもしれませんね。

さんまのまんま(関西ローカル)

明石家さんまが司会を務めるバラエティートーク番組で、毎回ひとりのゲストが近況や趣味などについて語ります。

制作がフジテレビ系列の関西テレビのため、放送時間が関西テレビ地域とフジテレビ地域で異なります。

関西テレビ
毎週土曜日・午後1:56~

フジテレビ
毎週日曜日・午後1:00~

医師たちの恋愛事情ってどんなドラマ?

斎藤工さんといえば、セクシー系俳優と呼ばれるほど、野性的でセクシャルな魅力が溢れる俳優ですが、今回は熱血外科医として、石田ゆり子(いしだゆりこ)演じる年上の医師と恋に落ちる役どころです。

番組の企画書には、斎藤工さんのセクシーさを意識してか、「セクシー」の文字がたくさん盛り込まれてあったとのこと。

ドラマの中で「脱ぐ」シーンはないそうですが、脱がなくても斎藤工の男の魅力が画面からにじみ出るドラマといったところでしょうか。

ストーリーは、斎藤工演じる外科医「守田春樹(もりたはるき)が勤務することとなった大学病院を舞台に医師たちの恋愛模様を描く。守田春樹と恋を諦めかけている年上の医師、近藤千鶴(こんどうちづる)との関係を中心に、医師たちの出世争いや不倫、三角関係など複雑な事情も描かれます。

ふたりの他にもシングルマザーの麻酔科医(相武紗季)やセックス依存症の外科医(平山浩行)、守田春樹の大学の先輩で第一外科准教授(伊原剛志)など、個性的な面々が顔を揃えます。

Sponsored Link

お相手役、石田ゆり子の年齢は?

今回、石田ゆり子さん演じる近藤千鶴は、恋を諦めかけた年上の医師といった役どころですが、やはり実際の年齢が気になるところです。

石田ゆり子さんは、90年台からトレンディードラマに出演し、これまでに数々のドラマや映画に出演してきたキャリアの長い女優ですが、今年で46歳になります。

しかし、見た目は若いころと変わらず可憐なイメージのままですね。

斎藤工さんが今年34歳ですから、12歳差の恋愛ということになります。

斎藤工の魅力

184cmの長身に、精悍な顔立ち、浅黒い肌といった容姿も素敵ですが、低く沈んだ声もまた魅力的です。

こちらの予告編で、斎藤工さんの声も聞けます。

http://www.fujitv.co.jp/ishitachi_no_renaijijou/index.html

こちらも合わせて御覧ください

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ