地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の原作本は宮木あや子の小説

Sponsored Link

2016年10月スタートのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ)の原作本は、宮木あや子の小説「校閲ガール」です。

小説「校閲ガール」とは?

人気作家、宮木あや子さんの「校閲ガール」が、2016年10月スタートの日テレ新水曜ドラマとしてドラマ化されます。

原作となる本作は、すでにシリーズとして2冊が発売されています。

宮木あや子さんの作品といえば、吉原の花魁をモチーフにするなど時代小説の人気が高いですが、こちらは現在の働く女性を応援するお仕事エンタメとなっています。

「校閲ガール」のあらすじは?

おしゃれが大好きな主人公、河野悦子はファッション編集者を目指して出版社に就職します。

しかし、「こう」の「えつ」こという名前が「それっぽい」という理由で実際に配属されたのは地味な校閲部。一見地味な校閲という仕事に、河野悦子が本気で立ち向かう最強のワーキングガールズエンタメです。

「校閲ガール」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:宮木あや子(みやぎあやこ)
生年月日:1976年11月4日
年齢:40歳
最終学歴:-
デビュー作:花宵道中
受賞歴:第5回R-18文学賞大賞/第5回R-18文学賞読者賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ