桜田通がドラマ「HOPE」「こえ恋」に出演!演技も好評!

Sponsored Link

かつてミュージカル「テニスの王子様」の主人公、越前リョーマ役で話題となった桜田通さん。あれから10年近くたち、人気俳優として多数の映画、ドラマ、舞台に出演して活躍しています。

今年も「HOPE」「こえ恋」と夏ドラマ2本に出演して好調です。これら出演ドラマでの役どころなどをご紹介しましょう。

「こえ恋」はすでにオールアップ

桜田通さんが、「こえ恋」のオールアップをブログで報告しました。ブログには共演の竜星涼さんとの写真が載せられており、ファンからも多くのコメントが寄せられました。

「記念写真は顔が引きつる」と語る桜田通さんは、写真では直立して表情も少し固く、「素人だよな」と自虐的に語っています。

「こえ恋」は、1200万ダウンロードを超える人気電子コミックが原作です。頭になぜか紙袋をかぶっていて、顔が分からない男子高校生「松原くん」と、主人公「吉岡ゆいこ」との恋愛ストーリーです。

桜田通さんは生徒会副会長の「瀬島涼一」役を演じています。今年で25歳になる桜田通さんですが、制服姿が違和感なく似合っています。

Sponsored Link

「HOPE」で桜田通が炎上?

桜田通さんが出演しているもう一つのドラマが、「HOPE~期待ゼロの新入社員~」です。

囲碁のプロを目指し修行に明け暮れる青春時代を過ごし、夢破れた主人公「一ノ瀬歩」を、Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんが演じます。

囲碁しか経験がなく、学歴も社会経験もない主人公が会社に就職して、様々な困難を乗り越えて社会で認められていく、というストーリーです。

桜田通さんは「新村慶太」役を演じています。主人公の一ノ瀬歩が入社した総合商社の、インターンの東大生という設定です。

新村慶太は一ノ瀬歩に様々な嫌がらせをする役で、演技力がドラマの面白さを大きく左右する、難しい役どころです。

桜田通さん自身も新村慶太を「簡単にいうと「嫌な奴」です」と語り、しっかりと台本を読み込んで、新村慶太の人となりや人生について想像を膨らませ、役を作りこんだそうです。

ネットではこの新村慶太について、「うざい」「むかつく」「嫌いになりそう」など非難の声が飛び交っており、それだけ桜田通さんの演技が良いという証拠だといえます。

2本とも評判は上々

桜田通さんが出演したドラマ2本は共に演技の評判がよく、これからも彼の活躍は続くでしょう。桜田さんのファンにとって、この夏はドラマで桜田通さんがたくさん見れて満足なのではないでしょうか。

関連記事

桜田通に関連する記事はこちら
ドラマ「HOPE」に関連する記事はこちら
ドラマ「こえ恋」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ