ノンママ白書 ドラマ の原作本(連動書籍)は香山リカのエッセイ

Sponsored Link

2016年8月スタートのドラマ「ノンママ白書」(フジテレビ)の原作本は、香山リカのエッセイ「ノンママという生き方 子のない女はダメですか? 」です。

エッセイ「ノンママという生き方 子のない女はダメですか? 」とは?

ドラマ、ノンママ白書の連動書籍として発売されたのが「ノンママという生き方 子のない女はダメですか?」です。

子供がいない女性だけでなくすべての女性に読んで欲しい本になっています。

自信もノンママである精神科医香山リカの渾身の一作です。

「ノンママという生き方 子のない女はダメですか? 」の内容は?

子供を産まない女性、ノンママの事情などを紹介した本、子供を早く産むべきだなどと周りの人間に言われて傷ついている女性たちの苦悩や悩みなどを綴っている。

女性は子供を産むものだと思う人が多い世の中であえて子供を産まない、ノンママとして生きる女性たちを描いた本です。

「ノンママという生き方 子のない女はダメですか? 」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:香山リカ(かやまりか)
生年月日:1960年7月1日
年齢:56歳
最終学歴:東京医科大学医学部卒業
デビュー作:リカちゃんコンプレックス
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「ノンママ白書」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ