火野正平の女性遍歴とは?女性にモテる秘訣はあるの?

Sponsored Link

最近は、NHKの旅番組「にっぽん縦断 こころ旅」で、老若男女に人気の火野正平さんですが、1970年代から80年代は、女性関係で週刊誌やテレビのワイドショーを日々賑わせるプレイボーイとして有名でした。

ここでは、火野正平さんとお付き合いがあったとされる女性たちについて、迫ってみたいと思います。

次々と女優と噂に…

火野正平さんは、子供の頃から子役として芸能界でお仕事をしてきた、大御所といっても過言でない芸能人です。

1970年に結婚をしますが、翌1971年には、当時テレビドラマなどで人気のあった女優・新藤恵美さんと熱愛の噂が出ます。

ここから、次々と恋愛がスクープされ始めます。1972年にはドラマ「肝っ玉かあさん」や「ありがとう」などで活躍していた女優・小鹿みきさんと。さらに1977年には、以前「アテンション・プリーズ」という、平均視聴率30%をたたき出した人気ドラマの主演だった紀比呂子さんや、歌手のりりィさんらと熱愛が伝えられました。

その後も、大物演歌歌手の西川峰子さん(現在は仁支川 峰子さん)などと浮名を流し、「芸能人プレイボーイ」と言えば、火野正平さんの名前があがるほどとなりました。

プレイボーイでも憎まれない?

そんな誰もが認めるプレイボーイの火野正平さんですが、不思議なほど悪評が立つことはほとんどありません。

理由としては、ご本人が「女性と別れる時は、後腐れなくきっちり終わらせる」という背景があるようです。これは、同じくプレイボーイとして知られている山城新伍さんが、火野さんを評された言葉だそうですが、世間にも女性関係をあっさりと認める潔さを持っている、というところもあるようです。

火野正平さんのそんな飄々とした潔さも、女性が魅力的に思う一因となっているのかもしれません。

芸能生活が長いこともあり、“業界のルール” を熟知している火野正平さんは、公私ともに周囲への気遣いができる俳優さんとして、人に憎まれない存在のようです。

Sponsored Link

旅にも一緒に?!

世間にすっかりプレイボーイとして定着してしまった火野正平さんですが、その後、テレビドラマや映画などでも女性にモテる役柄が多くつくようになります。

一般的には否定されがちなプレイボーイでありながら、“母性本能をくすぐるタイプ”とも言われる火野正平さんの人柄が、業界人や制作のスタッフにも慕われていることがわかりますね。
現在は、30年以上連れ添われた事実上の奥様と仲良く暮らしていらっしゃるご様子です。まだまだこれからも、ドラマなどでのご活躍を期待したいと思います。

関連記事

火野正平に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ