多部未華子はおでこが広いのがコンプレックス?可愛い?

Sponsored Link

真面目な役からコミカルな役まで、幅広い演技力と可愛らしいルックスで人気が高い、女優の多部未華子(たべみかこ)さん。女性なら誰もがうらやむ美貌の持ち主ですが、実は意外なコンプレックスを持っているそうです。一体どんなコンプレックスを持っているのでしょうか。

おでこが広いのがコンプレックス?

多部未華子さんは、おでこが広いのがコンプレックスなのだそうです。ネット上では、多部未華子さんがおでこを出している画像をいくつか見ることができます。

例えば、舞台のレッスン風景と思われる写真で、前髪を上げておでこを丸出しにして、稽古にはげんでいる多部未華子さんの画像があります。それを見ると、確かに多部未華子さんのおでこはかなり広いようです。

多部未華子さん自身も、テレビのトークバラエティ番組で、おでこが広いのがコンプレックスだと語っています。

実はそんなに気にしていない?

自らコンプレックスをテレビで語り、舞台稽古などでも堂々をおでこを丸出しにしていることなどを見ると、実はそんなにおでこの事を気にしていないのではないか、という風にも見えます。

もし本気で気にしているなら、コンプレックスのことは隠そうとするでしょうし、そのことに触れられるのも嫌がるものです。もちろん気にはしているものの、そこまで真剣に悩んでいないのではないでしょうか。

また、芸能人で、まして女優となると、容姿のちょっとしたことでも大げさに取り上げられてしまうものです。なので、隠していてもしょうがないので開き直っている、という面もあるのかも知れません。

Sponsored Link

おでこの広さも魅力?

おでこの広い女優さんは実は他にも結構います。例えば堀北真希さんや井上真央さん、歌手では安室奈美恵さんなども、かなりおでこが広いです。

しかし、堀北真希さんや安室奈美恵さんなどは、おでこが広いおかげで、かえって小顔が強調されて可愛さが引き立っているともいえます。

井上真央さんにいたっては、あえておでこを強調するような髪型をすることが多いようです。マネージャーにおでこのことをいじられても全く気にせず、それどころか、写真に写る自分のおでこが光っているのを見て、自分で大爆笑しているそうです。

本人が堂々としていれば、コンプレックスも個性に転嫁してしまうものなのでしょう。

コンプレックスを補って余りある可愛さ

多部未華子さんは、確かにおでこの広さにコンプレックスを持ってるようです。しかし、小顔と27歳にしては童顔の可愛らしいルックスで、そのコンプレックスを補って余りある魅力をもっています。女優としての彼女の今後に目が離せません。

関連記事

多部未華子に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ