家売るオンナにディーンフジオカが出るはずだった?代役は?

Sponsored Link

7月13日から放送されている、北川景子主演のドラマ「家売るオンナ」。初回、第2回と連続して視聴率10%超えを果たし、好調なスタートを切っています。

実はこのドラマ、ディーンフジオカさんが出演する予定だったのが、キャンセルされて代役が立てられた、という噂があります。

ディーンフジオカさんはなぜ出演をキャンセルしたのか、代役は誰かなど、気になる情報をまとめました。

写真の無断使用が原因?

なぜディーンフジオカさんは、「家売るオンナ」出演をキャンセルしてしまったのでしょうか。

一説によると、バラエティ番組「PON!」の中で、本人に無断でディーンフジオカさんの写真が使われ、これにディーンフジオカさんが激怒したのが、ドラマ出演キャンセルの原因だといわれています。

この写真は、安田大サーカスのクロちゃんとのツーショットで、クロちゃんとはドラマ「ダメな私に恋してください」で共演して以来の仲だそうです。

これがきっかけで日本テレビへの不信感がつのり、キャンセルに至ったといわれています。

単なる体調不良?

一方で、ディーンフジオカさんは5月頃からツイッターなどで体調不良を訴える書き込みをしており、ドラマ出演キャンセルは、単なる体調不良だったという可能性もあります。

写真の無断使用の説も、体調不良説も、どちらも本人からはっきりと発言があったわけではないので、あくまで推測の域を出ず、真相ははっきりしません。

Sponsored Link

代役は仲村トオル?

結局ディーンフジオカさんは出演せずに放送となった「家売るオンナ」ですが、一体ディーンフジオカさんはどの役で出演する予定だったのでしょうか。

主演の北川景子さんに次ぐメインキャストは、中村トオルさん、工藤阿須加さんあたりです。しかし、工藤阿須加さんは若手営業マンの役なので、35歳のディーンフジオカさんがこの役だったとは考えにくいです。

すると、ディーンフジオカさんの代役は仲村トオルさんではないか、ということになります。役柄も会社の課長役で、これならディーンフジオカさんが配役されていたとしてもおかしくありません。

おわりに

今回は結局、「家売るオンナ」にディーンフジオカさんは出演しませんでしたが、視聴率も好調なおすすめドラマなので、ぜひ観てみることをおすすめします。

また、ディーンフジオカさんは映画「鋼の錬金術師」に出演が決まっています。公開は来年ですが、超人気アニメの実写化だけに、こちらも期待大といったところです。

関連記事

ディーン・フジオカに関連する記事はこちら
ドラマ「家売るオンナ」に関連する記事はこちら
映画「鋼の錬金術師」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ