仰げば尊し(ドラマ)のモデル 吹奏楽部の中澤忠雄先生とは?

Sponsored Link

実話をドラマ化した「仰げば尊し」に登場する熱血講師・樋熊迎一のモデルとなった中澤忠雄さんは、もとは楽団に所属するプロのチューバ奏者でした。ドラマでは寺尾聰さんが務められます。

ここでは、わずか2年で無名の高校の吹奏楽部を全国大会制覇に導いた、中澤忠雄先生ついてご紹介したいと思います。

一途なプロの音楽家

中澤忠雄さんは、1936年生まれ、神奈川県横浜市の出身だそうです。中学時代から吹奏楽を始め、吹奏楽の名門・天理高校卒業後、東京芸術大学の音楽部に進みます。

東京芸術大学在学中に、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。NHK交響楽団から、読売日本交響楽団へ移り、チューバ奏者として活躍していました。

しかし、1970年、事故の後遺症から読売日本交響楽団を退団。オーケストラから引退しました。その後、しばらく音楽から離れていた中澤さんですが、ピアノを教えてほしいと頼まれたことをきっかけに、自宅で音楽教室を開くことになります。

最初はしぶしぶだった?

音楽教室も軌道に乗り始めたころ、野庭高校の吹奏楽部から「吹奏楽部を指導してほしい」という依頼がきます。

県下でもガラの悪さで有名な高校で、演奏も下手。また中澤さんご本人が、教育者の性格ではないからと躊躇したそうですが、部長の藤田剛さんの熱意により、「週1回程度で3月まで」の条件付きで受諾したそうです。

Sponsored Link

本気で全国大会を目指した。

しかし、生徒たちと触れ合ううちに、「全国大会を見せてやりたい」という気持ちが芽生え、4月からは正式に“部活嘱託員”として、吹奏楽部に情熱を傾けるようになります。

熱が入るあまり、生徒たちの一部から反感を買う中澤忠雄先生ですが、部長・藤田剛さんの活躍により、吹奏楽部は少しずつ絆を強めていきます。

1982年には、野庭高校吹奏楽部は地区大会、県大会を突破し、全国大会は逃したものの、関東大会で銀賞を獲得。1983年と1984年には、ついに全国大会で2連覇を達成し、野庭高校吹奏楽部の名を全国に轟かせました。

音楽に捧げた人生

その後は、さまざまな問題を抱えつつも、1986年に国際交流の一環としてカナダでバンクーバー公演を成功させるなど、精力的に活動を続けます。

しかし重なる激務のため、少しずつ身体に不安を抱えるようになります。中澤忠雄先生が逝去されたのは、1996年8月でした。

“野庭の音”と呼ばれた野庭高校の演奏には、「聞く人に感動を与える」という中澤忠雄先生の強い想いが込められています。

関連記事

寺尾聡に関連する記事はこちら
ドラマ「仰げば尊し」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ