武井咲主演 2016年の新ドラマの視聴率を大胆予想してみました

Sponsored Link

全日本国民的美少女コンテストで、モデル部門賞とマルチメディア賞のダブル受賞をして以来、女優としても活躍中の武井咲(たけいえみ)さん。

滝沢秀明(たきざわひであき)さんと共演の新ドラマが発表されましたが、果たして高視聴率を取ってヒット作となることができるのか、検証してみましょう。

新ドラマは漫画原作の恋愛もの

武井咲さんはTBSの7月新ドラマ、「せいせいするほど、愛してる」に出演が決定しました。滝沢秀明さんとの共演で、他にもトリンドル玲奈、水沢エレナなどが出演します。

「せいせいするほど、愛してる」は、プチコミック連載の北川みゆきの漫画が原作で、すでに妻のいる男性との禁断の恋愛に、純粋にひたむきに立ち向かう大人の恋愛物語です。

出演者も豪華で、禁断の恋愛というストーリー、そして人気漫画が原作ということで、視聴率もかなり取れそうな予感のするドラマです。

禁断の恋愛といえば、滝沢秀明さん自身が17年前に主演した、「魔女の条件」というドラマが平均視聴率21.5%、最高視聴率29.5%と大ヒットしました。

このドラマは男子高校生の滝沢秀明と、女教師の松嶋菜々子との禁断の恋愛を描いたドラマでした。

「せいせいするほど、愛してる」とは舞台設定は違いますが、滝沢秀明さん自身がかつて、禁断の恋愛をテーマにしたドラマで大ヒットを飛ばしているだけに、今回の新ドラマも期待が高まるところです。

最近はドラマの視聴率が全体的に下がってきているので、17年前のドラマと単純に比較することはできませんが、高視聴率を取れる要素は十分あるといえるのではないでしょうか。

Sponsored Link

武井咲出演ドラマは低視聴率?

一方で、「せいせいするほど、愛してる」の視聴率には不安要素もあります。

というのも、これまで武井咲さんが出演したドラマが、ことごとく低視聴率に終わっているといわれているのです。

例えば、2011年に放送された連ドラ初主演の「アスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲〜」は、平均視聴率が5.96%に終わっています。

その他にも武井咲さんは様々なドラマに出演していますが、2013年の「海の上の診療所」が平均視聴率11.34%と10%台を超えた以外、ほとんどが平均視聴率一桁台となっています。

全出演ドラマの平均視聴率は9%台です。

高視聴率の可能性は十分ある

プラス要素と不安要素共にあるものの、新ドラマ「せいせいするほど、愛してる」は、高視聴率を取れる可能性は十分あると予想されます。

武井咲さんとしては、ここでヒットを飛ばして、女優としてさらにステップアップしていってほしいところですね。

関連記事

武井咲に関連する記事はこちら
滝沢秀明に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ