さんまのまんまにウロボロスに出演中の滝藤賢一が!かっこいいパパの素顔とは

TBS・金曜ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」に出演中の俳優の滝藤賢一(たきふじけんいち)さんがフジテレビ系列(関西テレビ)「さんまのまんま」に、いつものおしゃれなメガネに、ラフなスタイルで登場。

滝藤賢一さんといえば、「ウロボロス」の他、NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」やTBS日曜劇場「半沢直樹」などでもキラリと個性が光る役柄を好演しています。

Sponsored Link

現在活躍する日本の俳優の中でも、際立った個性と高い演技力が融合した稀有な存在といえるでしょう。

そんな滝藤賢一さんがこれまで、どのような活動をされてきたのか、私生活も絡めながら探っていきたいと思います。
滝藤賢一

http://www.ag-tact.com/Talent/Kenichi_Takitoh

俳優・滝藤賢一とドラマ

滝藤賢一さんは愛知県の出身で1976年生まれの今年39歳になります。

高校卒業後、映画監督になることを目指し上京しますが、映画「バレット・バレエ」のオーディションに合格したことを機に俳優を志すことになります。そして、仲代達矢(なかだいたつや)が主宰する「無名塾」に在籍し、舞台を中心に活動。

32歳の時に出演した映画「クライマーズ・ハイ」に出るまではまったくの無名で、この映画をきっかけにその演技力に注目が集まることになります。

その後、NHK土曜ドラマ「外事警察」で初レギュラー出演。他にも、NHKドラマ「龍馬伝」、「梅ちゃん先生」などでも好演し、2013年のTBS日曜劇場「半沢直樹」では主人公の同期入社の友人「近藤直弼」を演じ、高い評価を受ける。

2014年には自身の初主演ドラマ「俺のダンディズム」(テレビ東京系列)が放送されている。

Sponsored Link

滝藤賢一と無名塾

無名塾とは、俳優の仲代達矢が主宰する俳優の養成所で、学費は無料。ただし、入塾のためのオーディションに審査料・手数料を合わせて2万円が必要。実力派俳優の仲代達矢の指導が受けられることもあり、倍率は非常に高く、数百倍ともいわれている。

無名塾出身には、役所広司、益岡徹、真木よう子など実力派と呼ばれる俳優が名を連ねています。

滝藤賢一さんは1998年から2007年まで在籍し、真木よう子、内浦純一と同期。

無名塾のサイト

http://www.mumeijuku.net/

無名塾仲代劇堂の所在地

〒157-0076 東京都世田谷区岡本1丁目6-2

私生活、結婚と子供の父親として

2009年に無名塾時代の後輩で栄養士の女性と結婚しています。二人の間には、3男1女の子供がいます。

滝藤賢一さんの愛妻家ぶりは有名で、某雑誌のインタビューでおしゃれのポイントを聞かれた時に「結婚指輪」と答えたそうで、仕事以外では必ずしているそうです。
また子煩悩な良きパパとしてもしられ、4人目の女の子が生まれる際には「男の子3人だったので、初めての女の子。うれしかった」と語っています。

これからの活躍

「往年の名脇役」という言葉がありますが、滝藤賢一さんもいずれそう呼ばれることになるのではないでしょうか。これからも主役、脇役を問わず、あの強烈な個性でドラマをより楽しくしてほしいですね。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ