侠飯 おとこめし(ドラマ)の原作本は福澤徹三の小説です!

Sponsored Link

2016年7月スタートのドラマ「侠飯~おとこめし~ 」(テレビ東京)の原作本は、福澤徹三の人気小説「侠飯」です。

小説「侠飯」とは?

2014年12月に文春文庫より発売され大好評となりました。それを受けシリーズ第2弾として、ホット&スパイシー篇が文庫書き下ろし作品として発売されています。

ヤクザとグルメ、任侠小説とグルメ本の両方の魅力が詰まった作品となっています。

「侠飯」のあらすじは?

就活中の大学生・若水良太の部屋に、暴力団抗争による銃撃戦でヤクザの組長が逃げ込んできます。

その組長・柳刃竜一はなんと、料理が得意で良太の部屋で料理作りをはじめます。

恐いながらも食べてみると美味しい!

そこへ良太の同級生たちも加わり、ストーリーは予想のつかない展開へとなっていきます。

「侠飯」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:福澤徹三(ふくざわてつぞう)
生年月日:1962年
年齢:-
最終学歴:福岡県立小倉南高等学校卒業
デビュー作:幻日
受賞歴:第10回大藪春彦賞受賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「侠飯」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ