闇金ウシジマくん3(ドラマ)の原作本は真鍋昌平の人気漫画!

Sponsored Link

2016年7月スタートのドラマ「闇金ウシジマくん3」(TBS)の原作は、真鍋昌平の人気漫画「闇金ウシジマくん」です。

漫画「闇金ウシジマくん」とは?

2004年からビッグコミックスピリッツで不定期連載されています。現在まで全36巻、累計発行部数は750万部を突破しています。

また、休載の多い作品であり、一つのストーリーを終えるまでに途中で休むことが多々あります。

ドラマ化に際して作者は、当初不安もあったようですが、実際に撮影現場行ったりすることで徐々に期待が持てるようになったそうです。

「闇金ウシジマくん」のあらすじは?

超暴利を取る闇金融会社カウカウファイナンスを経営する丑嶋馨の日常や、そこを訪れる客、様々な人間模様を中心にストーリーは展開します。

各ストーリーごとに登場する人物は、それぞれに闇を抱えていて、闇金融から借金をせざるをえない状況に追い込まれおり、普段表立っては見られないようなリアルな社会の闇の部分を描き出しています。

「闇金ウシジマくん」を購入するには?

電子書籍

紙の本

Sponsored Link

著者紹介

作者名:真鍋昌平(まなべしょうへい)
生年月日:-
年齢:-
最終学歴:-
デビュー作:スマグラー
受賞歴:GOMES漫画グランプリしりあがり寿賞/アフタヌーン四季賞夏四季大賞/小学館漫画賞一般向け部門

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「闇金ウシジマくん3」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ