朝が来る(ドラマ)の原作は辻村深月の小説 そのあらすじは?

Sponsored Link

2016年6月スタートのドラマ「朝が来る」(フジテレビ)の原作は、辻村深月の人気小説「朝が来る」です。

小説「朝が来る」とは?

筆者はこの小説を執筆するにあたり、編集者からの提案で養子縁組について考えるようになったそうで、これまで考えたこともなかった事柄で、初めのうちは大変戸惑ったそうです。

しかし、色々と調べてていくうちに、ぜひこのテーマを取り上げてみたいと思い、今回の作品へと繋がりました。

また、小説ではいかにもフィクションと思われがちな善意や人を信じる心といった事柄を、現実味のあることとして描くことを常に心がけて執筆されているそうです。

「朝が来る」のあらすじは?

女性の出産をテーマに描いた社会派ミステリー小説です。

子供を欲しくても授かれず養子を貰い育てている母親とその子供を手放した母親のそれぞれの葛藤を描いています。

前半ではすくすくと育っていく養子と家族の姿を、後半は実際に出産した母親にスポットを当てて物語は進行していきます。

「朝が来る」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:辻村深月(つじむらみづき)
生年月日:1980年2月29日
年齢:36歳
最終学歴:千葉大学教育学部卒業
デビュー作:冷たい校舎の時は止まる
受賞歴:第31回メフィスト賞/第32回吉川英治文学新人賞/第147回(上半期) 直木三十五賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ