町田啓太の劇団EXILE脱退理由とは?実はダンスが上手い?

Sponsored Link

181㎝という長身でイケメンの俳優、町田啓太さんの芸能界デビューは劇団エグザイルへの入団がきっかけでした。

イケメンすぎると有名な町田啓太さんですが、徐々に映画やドラマへの出演数を増やし、活躍しています。そんな町田啓太さん、劇団エグザイルを脱退した経歴があるようです。一体なぜなのでしょうか?

町田啓太のダンスの実力は?

町田啓太さんは、ダンス&ボーカルグループGENERATIONSの候補メンバーに選ばれるほどのダンスの腕前を持っています。

GENERATIONSといえば今や日本を代表するダンス&ボーカルユニット。町田啓太さんは、そんなグループの候補メンバーになるほどの実力の持ち主です。

高校の頃からダンス部の主将を任され、大学に入った後もヒップホップサークルに所属し、活動していました。ダンス暦が長いだけでなく、実力も素晴らしいようです。

町田啓太が劇団エグザイルをを脱退した理由は?

町田啓太さんは2011年に劇団エグザイルを脱退しています。理由はエグザイルの弟分のGENERATIONSの候補生になったことだそうです。しかし翌年の2012年にはGENERATIONSも脱退しています。

「俳優としてやっていくのか、ダンスパフォーマーとしてやっていくのか」と、揺れ動く中での決断だったのでしょう。その後俳優としての演技を極めるために、劇団エグザイルに再加入し、現在は俳優として活躍しています。

あれだけ実力のあったダンスの道ではなく、俳優業として専念する決断をこの時期にしたようですね。

Sponsored Link

町田啓太の出演作は?

俳優業に専念することを決断した町田啓太さん。その演技力も認められ、ドラマや映画、舞台など、着々と出演作を増やしています。

NHKドラマ「美女と男子」では、向坂遼という新人俳優役を演じることで、自分自身の成長と重ね合わせ、試行錯誤しながら役作りをしていきました。

「花子とアン」では、ヒロインの夫、英治の弟の郁弥役を見事に演じ、自らもターニングポイントとなった作品だったと話しています。NHKの連続テレビ小説の歴代視聴率を更新することとなった「花子とアン」出演により、町田啓太さんが世間に広く知られるきっかけになりました。

その他「流星ワゴン」「天使のナイフ」「「スミカスミレ 45歳若返った女」に関連する記事はこちら」など、町田啓太さん出演のおすすめ作品はたくさんありますので、是非チェックしてみてください。

様々な役柄をこなすにつれて広がっていく、演技の幅にも注目です!

関連記事

町田啓太に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ