「9係」に野際陽子さんが出演!肺癌を克服!闘病生活は?

Sponsored Link

2016年4月スタートのドラマ「警視庁捜査一課9係 season11」(テレビ朝日)に野際陽子(のぎわようこ)さんがセミレギュラーとして出演します。

同ドラマは今年放送開始11年目を迎えるロングランドラマです。ここに新たに野際陽子さんが加わることで、どんなストーリーが展開するのか楽しみですね。

野際陽子さん演じる早乙女静香の役どころは?

渡瀬恒彦演じる加納倫太郎の亡き妻の従姉で国際的に活躍していた華道家。

倫太郎が従妹を大切にしなかったことに腹を立てているので、事あるごとに倫太郎をきつい言葉でやり込めます。

こんなトゲのある役どころを演じたら、まさにこの人。野際陽子さんの個性が光ります。

野際陽子さん、渡瀬恒彦さんともに非常に長い芸能歴をお持ちですが、実は共演するのは、ほぼ初めてとのこと。意外な感じがしますね。

井ノ原快彦さんとも約20年ぶりの共演だそうです。

Sponsored Link

肺癌を乗りこえての出演

女優としていつも輝いている野際陽子さんも、実はもう80歳。どこから見ても健康そうですが、約2年ほど前に癌が見つかりました。その時は早期発見ということで事無きを得ましたが、2015年4月に再発し、腫瘍の摘出手術を受けています。

手術後、通常の健康な人に比べると肺が小さくなり、退院時には酸素吸入器が必要だったほどです。

しかし、野際さん本人も「自分にあった抗癌剤が見つかった」と語っているように治療後は順調に回復しています。

一時、関係者の間では引退の可能性もあったようですが、今回無事ドラマの現場へと復帰することができました。

肺癌は世界的に見ても致死率の高い癌ですが、多くの場合、初期症状が自覚しにくく、病気に気づいた時には既に進行していしまっているケースが殆どです。

早期に発見された場合には、手術をはじめ、抗癌剤、放射線治療など多くの選択肢があり、治癒することも可能です。

野際さんの場合は、早期発見からの再発ということで、いくらか不安は残りますが、適切な治療がなされているようで、ファンの方々にとっては一安心といったところではないでしょうか。

大女優としての野際陽子さん

一般的な女優とは区別して、大物女優のことを大女優と呼んだりしますが、野際陽子さんはまさにこの大女優という表現がぴったりくる方だと思います。

80歳となっても若々しく、怜悧な印象は相変わらずです。この先も、90歳、100歳とお元気で女優として活躍していただきたいです。

関連記事

野際陽子に関連する記事はこちら

ドラマ「警視庁捜査一課9係」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ