野々すみ花の実家は?本名や年齢、妹はいるの?

Sponsored Link

NHK朝の連続テレビ小説「朝がきた」で、お三味線なお師匠さん美和さんを演じていた野々すみ花(ののすみか)さん、宝塚歌劇団出身だけあって、美人で知性的な魅力のある女優さんです。

これからの活躍が楽しみな女優さんのひとりです。そんな野々すみ花さんの実家や家族構成についてご紹介します。

野々すみ花さんの本名や年齢は?

野々すみ花さんの本名は、上田澄佳さんです。1987年2月27日生まれ、現在は29歳です。出身は京都府久世郡久御山町で、田園風景の広がるのどかな所で育ちました。

実家は農家

実家は加茂なすや九条ねぎなどの京野菜の有機栽培する農家だそうです。

3姉妹の長女である野々すみ花さんは、子供の頃から、畑仕事を手伝っていました。習い事を終えて帰宅してから、夜遅くまで、野菜の出荷作業を手伝う毎日だったのだとか。

子供ながらも中々いそがしい毎日を送っていたようです。

宝塚を目指したきっかけは父親

野々すみ花さんのお父さんは、野々さんが生まれる前から、娘を宝塚に入れようと決めていたそうです。それで、幼い今後から、父に「大きくなったら宝塚に入れ」と言われて育ちました。

野々さんのお父さんは、宝塚に入れるような容姿をもった娘を産める相手として、お母さんを結婚相手に選んだのだそう。すごい思い入れがあったのですね。

Sponsored Link

6歳からタカラジェンヌを目指す

そんな野々すみ花さんは、6歳からバレエやピアノを習い、タカラジェンヌを目指していました。野々さん自身も子供の頃から、宝塚の華やかな世界にあこがれがあったのは、事実のようです。

小学校の時に宝塚の名作「エリザベート」を見て、野々さん自身も宝塚への入団を決めたそうです。その後、宝塚歌劇団の宙組トップスターへの道を躍進します。

お父さんの夢を現実にした野々さんって、やっぱりすごいと思います。なかなか夢を叶えるのは難しいことですから。

野々すみ花さんには2人の妹

そんな野々さんには妹さんが2人いらっしゃいます。すぐ下の妹さんは、空手をしておられるそうです。女らしい野々さんから想像するとちょっと意外な感じがしますね。

宝塚で活躍されていた頃は、よく舞台を見に来ては感想をくれていたそうです。野々さんは女優だけに衣装をたくさん持っていて、衣装を妹さんにあげることも多々あったようです。本当に仲の良い姉妹のようです。

もう1人の妹さんは、野々さんの10歳年下なので、現在は19歳です。妹さんも「宝塚に入団したのでは?」といううわさもありますが、今のところ情報がないのでなんとも言えないですね。

関連記事

野々すみ花に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ