ドラマ「ディアスポリス」の原作漫画のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年4月スタートのドラマ「ディアスポリス」(TBS)の原作は、漫画・すぎむらしんいち 脚本・リチャード・ウーの漫画「ディアスポリス」です。

漫画「ディアスポリス」とは?

漫画・すぎむらしんいち、脚本・リチャード・ウーによる漫画です。マンガ雑誌「モーニング」(講談社)に2006年26号から2009年47号まで連載されていました。

副題は「Real TOKYO UnderWorld」といいます。15巻で終了しています。文化庁メディア芸術祭マンガ部門において審査委員会推薦作品に選ばれる程人気がありましたが、その内容のため実写化することは不可能といわれていました。

「ディアスポリス」のあらすじは?

東京にいる密入国者、その中で悪いことをしたわけでもないのに難民認定を受けられず貧しい生活を送っている人々が自分達を守る為に秘密組織「異邦都庁」を作り上げました。

そこには本来の政府とは別の官庁や病院があり、その中の警察に所属する警察官・久保塚早紀を主人公にした物語です。

「ディアスポリス」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:〈漫画〉すぎむらしんいち
生年月日:1966年2月28日
年齢:50歳
最終学歴:北海学園大学法学部卒業
デビュー作:きょうの出来事
受賞歴:第14回ちばてつや賞ヤング部門大賞受賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


作者名:〈脚本〉リチャード・ウー
生年月日:-
年齢:60歳
最終学歴:明治大学卒業
デビュー作:-
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ