ドラマ「子連れ信兵衛2」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年秋スタートのドラマ「子連れ信兵衛2」(NHK)の原作は、333の小説「人情裏長屋」です。

小説「人情裏長屋」とは?

1980年に新潮社より出版された作品です。 何度もテレビドラマ化されており、「子連れ信兵衛」のほか、1973年~1974年にはフジテレビ「ぶらり信兵衛 道場破り」、2000年にはNHK「柳橋慕情」のタイトルでもドラマ化されています。

「人情裏長屋」のあらすじは?

江戸時代の貧乏長屋を舞台にした笑いあり、涙ありの人情時代劇です。松村信兵衛は、剣の名手で道場破りで生計を立て暮らしているしがない浪人です。いつも居酒屋で一升瓶を手にし酒を飲んでいる酒好き。ひょうんなことから預かった赤ん坊を育てながら、長屋で巻き起こる事件を解決していきます。

「人情裏長屋」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:山本周五郎(やまもとしゅうごろう)
生年月日:1903年6月22日
年齢:享年64(満63歳)
最終学歴:横浜市立尋常西前小学校(現横浜市立西前小学校)卒業
デビュー作:須磨寺附近
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ