ドラマ「水族館ガール」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年6月スタートのドラマ「水族館ガール」(NHK)の原作は、木宮条太郎の小説「水族館ガール」です。

小説「水族館ガール」とは?

京都大学文学部卒、金融機関勤務を経て小説家へ転身した異例の経歴を持つ作家の作品です。2011年3月に実業之日本社よりハードカバー版として発売された「アクアリウムにようこそ」が、2014年6月文庫化される際に改題され「水族館ガール」として発売されました。

「水族館ガール」のあらすじは?

市役所から水族館勤務へと出向することとなった女子飼育員の挫折や成長を描いた青春ストーリーです。飼育を担当するバンドウイルカとのふれあい、格闘。人として一癖アリの職員や可愛い動物たちに囲まれ、奮闘する日々が描かれています。

「水族館ガール」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:木宮条太郎(もくみやじょうたろう)
生年月日:1965年
年齢:50歳
最終学歴:京都大学文学部卒業
デビュー作:時は静かに戦慄く
受賞歴:新人シナリオコンクール佳作入選/ホラーサスペンス大賞特別賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ