迎賓館赤坂離宮・赤坂迎賓館が一般公開!見学申し込みは?ランチは?

Sponsored Link

日本政府はこれまで毎年夏季の10日間に限り、一般公開してきた東京港区にある迎賓館赤坂璃宮(げいひんかんあかさかりきゅう)、通称・赤坂迎賓館(あかさかげいひんかん)が通年で公開されます。

赤坂迎賓館は1909年に東宮御所として日本人建築家、片山東熊により建てられた由緒ある西洋建築です。これまで多くの海外からの国賓をもてなしてきました。

海外からの観光客ばかりでなく、この歴史的建物を見学したい日本人の方々も多いのではないでしょうか。

見学方法など詳細がわかりましたので、こちらにまとめました。

迎賓館赤坂離宮へのアクセスや地図はこちらの記事をご参照下さい。

迎賓館赤坂離宮の公開日時は?

赤坂迎賓館

日本政府は通年での公開を検討していますが、当面は下記の通り公開期間を設けています。日程をご確認の上、お出かけ下さい。

公開期間

4月19日(火)~5月13日(金)
(4月27日(水) / 5月9日(月)~11日(水)を除く)

5月31日(火)~6月21日(火)
(6月1日(水) / 6月8日(水) / 6月15日(水)を除く)

これ以降の公開に関しては、準備が整い次第お知らせする予定とのことです。

公開時間

10時~17時(入場受付は16時30分まで)

Sponsored Link

迎賓館赤坂離宮を見学するには?申し込み方法は?

赤坂迎賓館の見学は、迎賓館赤坂離宮前庭、迎賓館赤坂離宮本館と主庭、和風別館(游心亭)の3箇所でそれぞれ条件や申込方法が異なりますので注意が必要です。

迎賓館赤坂離宮前庭

事前申し込み不要で、誰でも公開時間内であれば入場することができます。(混雑状況により入場制限をする場合があります)

参観料

無料

迎賓館赤坂離宮本館と主庭

見学者の1日あたりの定員が3000人となっています。

その内訳は、インターネットから事前に申し込みをされた個人の方1000名、同様に団体で申し込みをされた方1000名、当日入場整理券を入手された方1000名です。

インターネットからの申し込み

こちらの内閣府のサイトをよりお申し込み下さい。

入場整理券を入手するには?

赤坂迎賓館正門前にて、当日先着順に配布されます。お一人様1枚限りで、受け取られた本人のみ有効となっています。

参観料

大人1000円 / 中高生500円
(団体:大人800円 / 中高生400円)

和風別館(游心亭)

1日6回、定員20名にてガイドツアー形式の見学となっています。所要時間は40分程度です。

こちらはインターネットからの事前申し込みが必要です。

インターネットからの申し込み

こちらの内閣府のサイトをよりお申し込み下さい。

参観料

大人1500円 / 中高生700円

赤坂迎賓館の周辺でランチ

赤坂迎賓館は本来国賓をもてなすための場所です。通常の観光施設のような館内に飲食を提供するような場所はありません。

そこで赤坂迎賓館周辺のちょっとリッチなレストランをピックアップしてみました。迎賓館の気分そのままにランチを楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤坂迎賓館周辺のレストランはこちら

迎賓館赤坂離宮へのアクセスや地図?

迎賓館赤坂離宮へのアクセスや地図はこちらの記事をご参照下さい。

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ