山本美月の学歴は?出身地は?高校時代はオタクだった?

Sponsored Link

最近、テレビドラマにCMにと活躍中の女優の山本美月(やまもとみづき)さんは、誰もが認める正統派美人です。東京スーパーモデルコンテストのグランプリから、CanCanモデルを経て女優へと華麗なるスター街道を歩む女性芸能人が、実はオタクだったと聞いたら驚きますか?

ここでは、山本美月さんの出身地や学歴、高校時代のエピソードなども交えながら、山本美月さんの魅力に迫りたいと思います。

出身高校は筑紫女学園高校こと筑女

山本美月さんは福岡県福岡市の出身です。

通っていた高校は筑紫女学園高校で、通称「筑女」と呼ばれる仏教系の私立女子校です。中高一貫教育を特色とし、美月さんも中学からこちらに通学しています。

学業を優先することを前提に芸能活動が認められていることもあり、歌手の小柳ルミ子さんや女優の蒼井優さんもここの卒業生です。偏差値は特進コースで69と高く、国公立大学をはじめ、早稲田や慶応といった難関私立大学に多数の合格者を出しています。美月さん自身も現役で明治大学の農学部に合格しています。

山本美月さんは美貌と才能を兼ね添えた、まさに人も羨む才色兼備といったところでしょうか。

山本美月は美人でオタク

しかしながら、山本美月さんはオタクとしても有名です。

美女とオタクはイメージ的に結びつきにくいもので、どちらかというと女優さんにとってオタクだった過去は隠しておきたいものだと思うのですが、美月さんはテレビの番組の中でその実態を気さくに語っています。

それは高校時代に根暗なオタクにならないように、オープンオタクでいようと心がけてメイド喫茶に通っていたとか、漫画「鋼の錬金術師」の主人公であるエドワード・エルリックに恋をして、結婚したいとまで思いつめていたとか、ちょっと笑える微笑ましいエピソードになっています。

美月さんの語るオタク像を聞いて、オタクの印象が変わった人も多いかもしれません。

どっぷりとオタク文化に浸っていた山本美月さんですが、高校のクラブ活動はやはりオタクな感じで漫画部とかアニメ部だったのではと思いきや、実は演劇部だったそうで、その頃から将来女優になることを意識していたんでしょうね。

Sponsored Link

芸能界への道

山本美月さんは高校生の時に、東京スーパーモデルコンテストでグランプリを獲得し、CanCamのモデルとして活動していくことになります。

進学校に通いながら受験勉強をし、芸能活動をするという二足のわらじ状態を経て、無事明治大学農学部に現役で合格します。その後、東京で大学生生活を送りながら女優としての活動を本格化させていくことなるわけです。

山本美月さんってやっぱりすごい

大学の方も無事4年で卒業し、現在は女優として数々のドラマに出演しています。

2016年6月公開予定の映画「貞子vs伽椰子」では主役・倉橋有里を演じています。そろそろドラマでも主演作が欲しいところですね。これからの益々の活躍に期待したいです。

関連記事

山本美月に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ