ドラマ「鼠、江戸を疾る2」の原作・原案の小説は?あらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年4月スタートのドラマ「鼠、江戸を疾る2」(NHK)の原作は、赤川次郎の人気小説シリーズ「鼠シリーズ」です。

小説「鼠、江戸を疾る」とは?

江戸時代後期に実際に存在した窃盗の常習犯「鼠小僧」をモチーフに、コミカルなミステリー小説で人気の赤川次郎さんがオリジナルの解釈を加えて描いた作品です。

赤川さんにとっては初めての時代小説となります。角川書店の小説誌「小説野性時代」2003年12月号から掲載され、シリーズ化されている人気作品です。

「鼠、江戸を疾る」のあらすじは?

江戸時代、遊び人としてその界隈では有名な甘酒屋次郎吉は、実は巷で騒がれている盗賊犯「鼠小僧」です。

盗賊犯ではあるものの、江戸の人々が苦しむ姿を放置することができず、時には大名屋敷から盗んだ金品で貧しい人を救ったり、不実の罪を着せられた人々の事件を解決したりと奮闘します。

「鼠、江戸を疾る」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:赤川次郎(あかがわじろう)
生年月日:1948年2月29日
年齢:68歳
最終学歴:桐朋高等学校卒業
デビュー作:幽霊列車
受賞歴:オール讀物推理小説新人賞/第7回角川小説賞/第9回日本ミステリー文学大賞/第50回吉川英治文学賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ