ドラマ「立花登青春手控え」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年5月スタートのドラマ「立花登青春手控え」(NHK)の原作は、藤沢周平の小説「獄医立花登手控え」です。

小説「獄医立花登手控え」とは?

時代小説の短編シリーズ。雑誌・小説現代に「獄医立花登手控え」とのタイトルで連載。その後、講談社より「青年獄医立花登」と改題して全4巻シリーズで出版されています。単行本化の後、文庫化、新装版文庫、電子書籍と発売されている。

「獄医立花登手控え」のあらすじは?

秋田で医者を志す立花登は、江戸で町医者をしている叔父に押しつけられ牢医者として働く事になります。

牢医者として様々な患者の治療する一方で、入牢することとなった患者が巻き込まれた事件を明瞭推理で解決していく青春時代劇です。

「獄医立花登手控え」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:藤沢周平(ふじさわしゅうへい)
生年月日:1927年12月26日
年齢:69歳で没(1997年)
最終学歴:山形師範学校(現在の山形大学)卒業
デビュー作:溟い海
受賞歴:第38回「オール讀物」新人賞受賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ